2007年3月21日 (水)

二女のインフルエンザ

 昨日の早朝、部活の朝練のために起きてきた二女の顔が妙にいつも以上にボンヤリしていました。あわてて額と首に手を当てるとなんだか熱い。それは私が低体温なのでよくあることなのですが、それにしてもいつもより熱い気がします。体温を測ると37℃。ビミョーに高いので欠席させることにしましたが、私の仕事は休めません。夫は既に出勤済み。長女が終業式で部活開始までの間にいったん帰宅するし、高熱でもないので、「行けたらお医者さんに行きや」と言い残して、保険証とお金、おひるご飯も置いて出勤しました。私の職場は一応(わずかながら)中学生以下の子どもが病気の場合の有給休暇もある(最近出来たばかりなので、適用されたのは末っ子だけ。残念!)のですが、制度はあっても個人の仕事自体のカバーは事実上なされませんから、よほど重篤でないと取れない(とらないですませたい)のが実情。

 出勤したらもう仕事で頭がいっぱいで、9時半頃まで二女の学校への連絡を失念ヾ(_ _。) 家に電話したら、二女ッたら留守電にしちゃって電話に出ないよ~~~。午後電話したら昼食も食べれて、おやつも食べて、医者は行ったけど普通の風邪だと言われたとか(なんせまだ37.6℃だったそうで)

 ところが夜7時ごろ帰宅して眠っていた二女を起こして熱を測らせると39.1℃(゚∀゚;)あわてて朝診てもらった医者に電話をして、再度診察。(同級生とクラブの先輩も受診に来ていて、中学はインフルエンザが蔓延中のよう)ウィルスを取って検査をしてもらってインフルエンザB型と診断されました。両方の鼻の穴に長い綿棒を突っ込んで鼻水を採取。試薬で10分ほどで結果が出るようです。便利な世の中ですねぇ・・・。で、今話題のタミフルを処方されたのですが、医師が本当に丁寧に説明をしてくれ、「納得できたら飲ませてください」とのことでした・・・。わがやでは4年前にも長男がタミフルを処方され劇的な効果を見ていますから、飲ませることを選択しました。幸いにも翌日(今日)は祝日で仕事は休みです。医師の言うように親がずっと様子を見ておいてやることも出来ます。この二女は働く親にとっては(色々欠点は多い子ですが、こと病気に関してはホントに親孝行な子です。まず、丈夫で病気になることが少ないうえ、熱を出すときが休日前など、さほど仕事に支障の無いことが多かったのです。学校で熱を出して早退しなければならなかった日が、小学校のとき2回あったのですが、2階とも兄(長男)が定期考査中で在宅している日だったので私が迎えに行かなくても済んだということもありました。医師は、タミフルを飲んで問題があったと報道されているケースは親が様子を見ていなかったと批判めいたことを言いましたが、私も(4年前ですが)長男にタミフルを飲ませた翌日、やはり出勤しました。そうせざるを得ないのが今の労働者の現実ではないでしょうか。こんなとき責められるのが母親ばかりということも納得がいきません。子どもが病気になった時、子どもの病状よりもまず仕事をどうしようかが気になってしまう自分がいやですが、仕方がありません。こういう社会構造である限り少子化傾向はおさまらないでしょうね。

 4年前はタミフルが普及し始めたばかりの頃です。発病後24時間以内に飲まないと効かないといわれ、受診が遅れた(発熱後24時間以上経っていた)妹たちには処方されませんでした。熱が38度台の後半で済んでいたということもあるかもしれません。今から考えれば、高熱が続いてすでに譫妄状態にある人には処方してはいけないということがすでにわかっていたのではないでしょうか?その時、うちのムスメたちは譫妄状態でもなかったし経過も良かったのですが、それでもまる1週間学校を休みました。対して長男は熱は一晩で下がり学校を休んだのは3日間でした。

 二女はマスコミの報道もあってタミフルを飲んで自分も暴れたらどうしようと不安に思っていたようです。今朝起きたとき「暴れている夢を見た」といっていました。実際には11時間なんの危なげもなく、安眠していました。深夜に触ったらもう熱もひいていたようです。今朝の体温は36.8℃。いっしょに朝食を食べながら新聞を見ると1面トップの見出しが「タミフル、10代処方中止」あらまぁ・・・。やっぱり危険だったのかしら、昨日タミフルを処方してくれた医師、今タミフルを処方されている子どもたちとその保護者はどうしているのかしら???うちの子は熱も下がったので譫妄状態による異常行動はもう無いだろうと判断し、今日も飲ませました。午後には36.4℃とずっと安定していました。咳・たんが残っているだけでインフルエンザ特有のしんどさは全くなくなっていました。夕食もたっぷり食べました。ε- (´∇`;)>ホッ

 二女は皆勤賞を狙っていたので、体はしんどくてもインフルエンザと診断されたことが却って安心したようです。明日はまだ休みますが、私は出勤の予定。冷たい母かな?姉(長女)がもう春休みなので部活後半日在宅してます。23日が学年の終了式です。明後日は登校できるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

PTA地域総会

 子どものPTAの地域総会がありました。総会っていっても、なんら報告も討議もされることもない役員決めのためだけの集まりです・・・。長男のときはそれでも結構話し合いをしたりしていたように思うんだけどなぁ。私が小学校で地区委員をしたときには役選だけの会議にならないようにしたつもりなんだけど・・・。久しぶりにほかのこのお母さんたちと会っておしゃべりするのもいいんだけど、「地域総会」っていうからにはもう少し工夫をした運営が出来ないのかしら?なんて言いつつも、役員になるのはご勘弁願いたい私ですが。

 ちゃんと出席するために早く帰らなくっちゃ~~、なんて時に限って職場で会議が入ったりして(でもいつもよりトントン進んでよかった)焦る焦る・・・。焦った挙句My愛車の左うしろをこすってしまいました┏(_ _|||)┓ガックリ・・・。しかも地域総会には遅刻、椅子が無かった。もう~委任状で済ませて置けばよかったよ。

 家に帰ってよく見たらかなりひどい損傷でまたショック。。。。。。。。。(へ  ̄_ ̄)へ 直すお金も無いというのに(T_T)。仕方なく、はげた部分に色を塗ってとりあえずごまかそう、と思ったのにディーラーからもらったタッチアップが無い!(蒸発してしまってた)。。。。ちょっと色の違うタッチアップを塗って、遠目にはわからなくなったんだけど、あ~あ~へこむなぁ(x_x;)

 幸いにも役員を選ぶ籤にはずれ、じゃんけんに勝ち・・・来年度の役員は免れました(クジ運の悪い私としては奇跡的)ので、悪運が塗料と共に落ちたと思って(それにホントの交通事故じゃなくて良かったと思って)自分を慰めているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

友チョコ・バレンタイン

 誰が流行らしたのか「友チョコ」。バレンタイン・デー女性が男性にプレゼントする日・・・だけではなくなって、よかったと思いきや、「友だち」は彼氏よりず~っとたくさんいるし、お世話になってる先輩やクラブ顧問や担任にもさし上げたい・・・ということで、女の子が二人もいる我が家では80人分+αの手作りお菓子を用意することに・・・。O(≧∀≦)Oキャー!自分たちも人並み以上に食べたい食いしん坊だから、我が家用にもたくさん置いておきたくて・・・・。パウンドケーキとクッキーを作るために、卵33個、小麦粉・バター各2.2キログラム、砂糖1.8キログラム、ナッツ・トッピング類・・・1000グラムほど、ととにかく原料だけでも結構な出費!!こ~んな行事子どもが自分だけの力では出来ないのに困っちゃいますよね。ラッピング用品までねだられましたが、サスガにそれは「お小遣いで」と断りました。下の子には安く工夫する方法を教えながらラッピングも手伝って・・・ 、そのくせ、毎年貰い物のほうはろくに分けてくれません。(逆に私がもらったものは食べきれないので分けてやりますが) 母の苦労も知って欲しいものです。

ちなみにお父さん用はナシ。ラッピング終了後の残りを挙げてました。(>_<)

 これまでのバレンタインデーには、チョコバーやブラウニーなどを作ってきました。いずれも50人分ぐらいだったので、ちょっと比較しにくいですが・・・パウンドケーキは割高かな?でも、せっかく配るものなら十分に美味しいものでないと、と思いますし・・・。ふ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

『子どもが出会う犯罪と暴力』

『子どもが出会う犯罪と暴力』 森田ゆり著

 “CAP”って知ってますか?もちろんキャプテンや帽子のことではありませんChild Assault Prevention 子どもへの暴力防止の頭文字をとった、いじめ、虐待、性虐待、誘拐等々子どもに対するあらゆる暴力・犯罪を子どもの自身が防ぐための、アメリカ生まれの暴力防止プログラムです。このすばらしいプログラムを20年ほど前、日本に初めて紹介したのがこの本の著者森田ゆりさんです。私自身も、わが子たちもCAP講習をうけた経験があります。わが子の学校のPTAや、校区のNPOが企画してくれたので、参加したのです。私は全国のすべての保育所・幼稚園・学校で毎年子どもたちにこのプログラムを経験させてやって欲しいと思っています。・・・くわしくは、CAPのHPや森田さんの著書等でご確認いただくとして・・・(お子さまをお持ちの方はぜひ、いえ、むしろ必ず、どうぞ見て下さい、知ってください)

 その森田ゆりさんの最新刊がこの本です。

子どもが出会う犯罪と暴力―防犯対策の幻想 Book 子どもが出会う犯罪と暴力―防犯対策の幻想

著者:森田 ゆり
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読みながらの心の叫び「しまった!だまされてた~~~!!!」・・・もちろん森田さんにではありません。子どもを狙った犯罪が増えているという報道等にです。私としたことが世論誘導にだまされていたなんて!ある統計をめぐっての複数の新聞の比較など愕然としました。PTA役員として地域の安全点検やハザードマップ作りをしても、どう考えたって痴漢の危険より交通の危険のほうが多いというのが実感だったのに・・・・私も森田さんが批判している人々と同じく「子どもが犯罪に巻き込まれる事件が増えている昨今・・・」なんて枕詞を使ってしまっていたような気がするよ~(T_T)。「不安の組織化」まさにその通りです。「まちがいだらけの防犯対策」目からウロコです。“ペドファイル”を“小児性愛”と訳してはいけない・・・そういうことなのか!瞠目の1冊。親と教師に読んで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

本が読めない(T_T)

 この3日、毎晩会議で帰宅が深夜。労組関係と子ども関係の団体で・・・。空いた時間がほぼないし、睡眠不足だから読書する間がありません。・・・。その代わり色々な仲間と語り合う時間は充実していたのですが。

その仲間のうちの一人が、今日別の団体で読書会をしたんだって。月1ペースでもう何年も続いているそうなのですが、今日の作品は『五重塔』幸田露伴著という渋すぎる選択。すばらしい。見習わねばならない文化性です。

 今日の午後3時ぐらいになってから(こどもと「おやつの時間」をしてから)『誤読された万葉集』古橋信孝著という本を読み始めましたが、気づくと寝てました。夕方出かけなければならなかったので、夕食の用意をしないといけなくなって。続きは読めませんでした。内容は、万葉集は素朴な真実の歌ばかりではなく、宮廷歌人がその場のお題に即して読んだ歌もあったのだ・・・という、中学高校の国語でしか万葉集に触れたことがない人にとっては目新しいかもしれない説(国文をやった者には定説)から始まる、読みやすい本です。途中までしか読めてないけど、ちょっと万葉集に触れてみたい人向きかな?

誤読された万葉集 Book 誤読された万葉集

著者:古橋 信孝
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

日曜参観&学級懇談会

 今日は日曜参観。その後学級懇談会。クラス内でいじめがあるらしい。先生から経過報告があった。いじめられている子どもの家の人が「学校内でのことなら人目もあるし、先生もいるけど、学校外で何かが起こったらその方が心配」と。

 ほかのお母さんから聞くところによると、いじめている(そしてほかの子どもにも暴言を吐く)本人のお母さんも来ていたそうだが、その人たちは何も言わなかったり、他人事のような言い方をしていた。

 家に帰ってわが子に「いじめがあるの?」と聞いたら「そうみたい」そっけない返事だった。1学期に「きしょい」yって言われたことも聞いていたから、「あんたもいじめられているんとちがうの?」としつこく聞いたら・・・うちの子もその子の次にキツイことを言われているみたい。(T_T)

 人の子どものことを心配している場合じゃなかったのです。なんてこと?! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

9月です*初めてのココログ

 8月から↓ココではじめてのブログを書いていたのですが

http://chualacream.spaces.live.com/

ベルばらのテンプレートに惹かれて、ココログに移ろうかな・・・?と開設してみました。

さて9月になりましたが、9月は観劇の予定も映画鑑賞の予定も立てておりません。8月に3回観劇、10月も3回観劇予定ですので、経済的に自粛月間です。寂しいですo(>o<)o

 さて明日は「うたかたの恋・・・」at梅田芸術劇場の一般発売日。チケットgetを目指す予定ですが、うまく取れるでしょうか??

この夏、ベルばらの全国公演を梅田までと「ファントム」を子どもと一緒に見に行って、守備よく(?)、子どもを宝塚にはめました。読書好きの子どもですので、下記の本を買ってやったら何度も眺めて・・・・2学期は始まったのにいまだに夏休みの宿題が完了しておりません。強く・正しく・賢く・・・が我が家のモットー(清く=母が掃除下手、美しく=DNAにより不可なので)ですが・・・早くも「賢く」に疑義が・・・。アタシのせいでしょうか?

ベルサイユのばら特集本II Book ベルサイユのばら特集本II

販売元:阪急コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ベルサイユのばら特集本 (1) Book ベルサイユのばら特集本 (1)

販売元:阪急コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TAKARAZUKA REVUE 2006 [DVD付] Book TAKARAZUKA REVUE 2006 [DVD付]

販売元:阪急コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)