« 「ミス・サイゴン」 | トップページ | ノートルダムの鐘 »

2017年1月22日 (日)

宝塚大劇場 月組公演『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲』

Photo

1/14(土)宝塚大劇場 月組公演『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』観に行ってきました。

2日続きの観劇だし、久しぶりEriza1の宝塚で胸も弾みます。9月の宙組「エリザベート」以来です。「エリザベート」の時は、たまたま団体券が取れたけど、そうじゃないとなかなか土日のチケットは取れませんね。月組の公演は2015年の「1789-バスティーユの恋人たち-」以来です。なかなか観に行けないものですね。各組とも見逃した作品が多々あって残念です。

Photo_3今年の標語(?)は、「Step by Step」でしょうか?ますます楽しくなりそうですね。

取りあえず劇場ロビーに入って左上を見上げると、今公演に出演されるスターさんたちの顔写真が学年順に並んでいますが、トップさんの順番が真ん中より右寄りにあって、新鮮な気がしました。

さて、私は以前から何度も書いているように、レビューよりもお芝居が好きな方。1本ものとか、見ごたえのあるミュージカル作品(多くは原作ものですね)の方が好みです。この「グランドホテル」もトニー賞を何部門も受賞した名作ミュージカルのようで楽しみにしてました(上演時間もレビューは短めですね)。

3_21928年のベルリンを舞台に最高級ホテル「グランドホテル」に集う人々の群像劇。主人公はフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵。新しいトップスター・珠城りょうさんのお披露目です。珠城さんは若手だけあって、私のこれまでの観劇経験(2年近く見てないわけだし)では特に注目していなかったのですが、さすがにTop就任されると以前とは全く違う印象でした。 ただ、この男爵はちょっと退廃的なイメージがあります。珠城さんは、背が高くて、男役のカッコよさが表現しやすいうえ、フレッシュでスイートなイメージなので、もっと正統派二枚目の王子的な役やヒーロー的な役でお披露目でもよいのにな、と思いました。純愛をささげきれずに終わるのは何とも・・・いえ、ストーリー的には面白いと思ったんですよ。この作品自体の。でもお正月のお披露目という二重におめでたい公園の演目として、宝塚的にはこれで良いのか?という疑問は出てきました。純愛もささげきれてないように思われて・・・。
 娘役トップの愛希れいかさんも、仙台美貌のバレリーナをステキに演じておられましたが、男爵よりかなり年上設定なのは気の毒な気が・・・。
 主人公として感情移入しやすい役は、美弥るりかさん演じる病弱な元簿記係・オットー・クリンゲラインと、タイピスト(当時は女性では一種の花形職業ですね)としての自立とできればそれ以上に華やかな世界でのデビューを目指すフリーダ・フラム(私が観に行ったときは海乃美月さん)のカップルのような気がします。ハッピーエンドな気がするし。タカラヅカの舞台は独自の翻案をしていると思いますので、オリジナルの映画やミュージカルを見てみたいと思いました。

なんて思って調べてみたら、1993年の宝塚月組公演(涼風真世さん主演)も、昨年のトム・サザーランド演出の日本公演(中川晃教さん成河さん主演)もオットーが主人公だったんですね(これも観たかったけど、関西公演は大抵日程が短くて、あきらめることの方が多いですね)。
  あと、ヘルマン・プライジング役の華形ひかるさんが、いつものシュッとしたイケメンじゃなくてほんまに中年オヤジの雰囲気だったので、華形さんとわかずビックリでした。

ショーの方は華やかで楽しい感じ。お正月公演にぴったりだな、と思いました。特にサンバが派手で祝祭気分です。私の好みとしては、汽車のシーンがいいな、と思いました。

ポチッとよろしく!

|

« 「ミス・サイゴン」 | トップページ | ノートルダムの鐘 »

文化・芸術」カテゴリの記事

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚大劇場 月組公演『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲』:

« 「ミス・サイゴン」 | トップページ | ノートルダムの鐘 »