« わらび座ミュージカル「ブッダ」 | トップページ | またまた・・・・ »

2013年6月 9日 (日)

大劇場、雪組「ベルサイユのばら」

前項に書いたようなわけでブログの更新は滞り、3週間も前の観劇記です。

雪組の新トップお披露目公演、「宝塚グランドロマン『ベルサイユのばら』-フェルゼン編-~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~」、3週間ほど前に宝塚大劇場に行ってまいりました。もうこの日は体調悪い山の7合目ぐらいだったのですが、せっかくとれたこのチケット、壮一帆さんのお披露目を見逃してなるものか、と執念のような勢いで観に行ってきました。美しくも凛々しい壮さんのお姿にほぼ満足しましたが・・・。
Berubara 月組のオスカルとアンドレ編 の記事の時にも書きましたが、ワタクシ、「ベルサイユのばら」の原作大ファンにもかかわらず、大劇場での観劇は、今年1月の月組が初めて。フェルゼン編は生で観るのも初めてです。しかも花組時代からちょっぴり応援している壮さんの、待ちかねたトップお披露目というので、観に行くのも気合が入っていました。ところが、あらら・・・、今回のこのストーリーでは、フェルゼンとマリー・アントワネットの純愛や苦衷が十分に描かれているとは思えず、主人公のフェルゼンに共感しにくいですね。他国の王妃に横恋慕し、祖国の威信を傷つけるわがままな男になってしまう・・・。原作で主人公として描かれているのがマリー・アントワネットやオスカルである以上、フェルゼンを主人公として描き直すのは難しいですよね。オスカルに比べて見せ場になるシーンも作りにくいし。実際今公演を見ても国境破りや「行け、フェルゼン」よりも、パリ進駐からバスチーユ陥落のシーンの方がずっとスペクタクル。貴族のしがらみを捨てて民衆の守りに就く勧善懲悪的なふるまいといい、愛する人を失う悲しみに耐えてたたかい自らも命を落とす悲劇性といい、フェルゼンよりオスカルの報に心が寄って行ってしまいます。せっかくのお披露目公演なのに残念。最後のパレードに羽根がないのも残念。マリー・アントワネットの比重が軽いのも、二人のシーンが少ないのも不自然に思えました。「ベルサイユのばら」は宝塚にとって名作かもしれないけど、フェルゼン編の脚本は一新してもらいたいものです。

 とはいえ、原作ファンの私ですし、いろんな場所で涙しながら感動したこともまた事実。壮さんはカッコよかったし、早霧せいなさんのオスカルもすてきなビジュアル。役にはまっています。未涼亜希さんのアンドレは頼れるイメージ。初舞台生のトリコロールの衣装でのロケットも可愛らしくて良かったので全体的な満足度が低いわけではありません。むしろ満足度は高く、病を押してでも観に行って良かったと思っています。でもせっかくのお披露目なんですもの。主人公二人に全面的に感情移入できるような作品にしてほしかったなと思います。

 さて、今回私が新たに注目したのはアラン・ド・ソワソン役の彩風咲奈さんとベルナール役の彩凪翔さん。二人とも目を引く美しい男役さんですね。私が知らなかっただけできっと将来を嘱望された人気の若手スターさんなのでしょうね。

 ところで私は初版の(残念ながら第一刷ではないです)ベルばらを全巻持っているんですが、文庫版も買い揃えようかなと思っているところです。

そう思ってAmazonを見ていたら、2014年用のカレンダーが売っていました。名セリフ集になっているのが楽しそうです。

『ベルばら』を読んだら、ナポレオンを読み(ここまでは必須)、エカテリーナを読み、ポーランドを読み、『オルフェウスの窓』を読むと、結構ヨーロッパ近代史が好きになれます。

|

« わらび座ミュージカル「ブッダ」 | トップページ | またまた・・・・ »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大劇場、雪組「ベルサイユのばら」:

« わらび座ミュージカル「ブッダ」 | トップページ | またまた・・・・ »