« 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 | トップページ | 宝塚歌劇 宙組「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」 »

2013年3月10日 (日)

「声をかくす人」

ロバート・レッドフォード監督の「声をかくす人」、先月京都シネマにて見てきました。アメリカで女性として初めて絞首刑に処せられてのは、リンカーン大統領暗殺の共犯者だということは、一般的な知識として知っていたが、その人、メアリー・サラットがどういう経過を経て絞首刑の判決を受けるに至ったかは全く知りませんでした。映画のメアリーの言動や思いはフィクションかもしれないけれど、その裁判の様相は史実をもとにして描かれたものだろうと思います。たとえ被告の罪状がどうあれ、被告に対する国民感情がどうあれ、法に基づいて裁くべきこと、法曹人は復讐ではなくて、真実を明らかにすることに力を注がなければならないというメッセージが込められた、ヒューマンな映画でした。傑作だと思います。「女性」ということが良くも悪くも特別視されていた時代の女性の被告の扱いはジェンダー的な視点から興味深い。また、彼女をはじめ、リンカーン暗殺犯が裁かれたのは軍法会議で、そのことには当時も批判があったそうですが、その処刑から1年後の1866年、合衆国最高裁判所は戦時でも民間人を軍法会議で裁くのを禁じたということです。

 主人公は図らずもメアリー・サラットを弁護しなければならない破目に陥る若き弁護士フレデリック・エイキン(ジェイムズ・マカヴォイ)。映画は南北戦争の激戦地の描写から始まり、フレデリックは北軍大尉として戦友たちの命を救い、戦後は英雄と讃えられていました。リンカーン大統領暗殺の報に接し、フレデリックも怒りをたぎらせますが、彼の法律事務所の上司で、元司法長官のリヴァディ・ジョンソン上院議員(トム・ウィルキンソン)は、暗殺を共謀したと告発されたメアリー・サラット(ロビン・ライト)の弁護を命じます。暗殺犯を憎むフレデリックは断ります。断り切れずひきうけるもやる気のおきないフレデリック。しかし生来真面目なフレデリックは、彼女に接し、真実を探るうちにこの弁護に打ち込むようになります。けれども、当時リンカーン暗殺の共犯をかばうような行動をとることは政府も世間も敵に回すのと同じこと。検察側の証人の嘘をフレデリックが見抜いてもそれは隠蔽され、フレデリックが見つけてきた証人は裁判ではその言を翻します。世間からは非難され、元北軍の英雄という栄誉も剥奪されます。恋人からも友人からも、リヴァディ・ジョンソンからさえ忠告を受けますが、フレデリックは追及をやめません。

 この映画は、私にはメアリー・サラットの物語というより、フレデリックの物語、それを通して、正義とは何かということや、司法が国家権力から独立して判断することの大切さを描いているというように思えました。そういう意味で、NHKのドキュメンタリーやドラマにもなった、吉田久弁護士について書かれた新潮新書の『気骨の判決』を思い出しました。

実は「声をかくす人」を観たのは「アルバート氏の人生」を観たときの付録のようなものだったのですが(私は、「でかけたついで」に映画館はしごをよくします)、実際に観た感じはこっちの方がすばらしくて、はしごして大正解でした。ジェイムズ・マカヴォイの演技も良かったですし。

|

« 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 | トップページ | 宝塚歌劇 宙組「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「声をかくす人」:

« 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 | トップページ | 宝塚歌劇 宙組「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」 »