« 『魔法無用のマジカルミッション ~(株)魔法製作所~』 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »

2012年12月26日 (水)

こんにゃく座「ねこのくにのおきゃくさま」

Photo


オペラシアターこんにゃく座の「ねこのくにのおきゃくさま」を観に行ってまいりました。写真はチラシです。「林光追悼公演」と銘打たれています。ここ十数年、京都でのこんにゃく座の一般公演はほとんど観ておりまして、林光さんの舞台挨拶にも触れておりますし、林光さんの音楽には子どもの頃から親しんできましたから(音楽の授業や合唱サークルで・・・手塚治虫のアニメ「バンパイヤ」の主題歌も林光さんの作曲ですね)、約一年前の訃報はとても残念に思っていました。絵本が原作の本作は、どんなものかな?と思いながらも、「追悼公演であるからには観に行かねば」と思いながら、観に行きました。

 ストーリーは単純と言えば単純です。働き者ぞろいの猫の国に、仮面をかぶった兄妹の旅人がやってきます。それまでまじめに働くことしか知らなかった猫たちのまえで、兄妹は太鼓でリズムを取りながら歌い、踊ります。猫たちはそれに魅了されて、ともに歌や踊りを楽しみます。猫の国の王女は旅人・兄に、お妃を亡くしたばかりの猫の国の王様は旅人・妹に、それぞれ心惹かれます。王と王女は兄妹に、仮面を取ってほしいと頼みますが二人は「それは命のかかわるから」と、いったんは断るものの、やはり妹は王に、兄は王女に心惹かれていて、恋する相手の願いならばとばかりに仮面を取るのですが・・・。

 まぁ、大人でなくても、仮面を取ったその顔がどんな動物の顔かは予想がつきますよね。猫の習性としてネズミは食べるべきだとする大臣と、大臣の進言に葛藤する王様、約束は守りたい子どもたち・・・、さぁ、どうなる?

 原作絵本は読んだことがないので、比較はできないのですが、絵本サイトであらすじを見ると、王がお妃を亡くして沈んでいたり、人間たちの争いを逃れて、おそらく核戦争が起こる寸前、間一髪で海を渡ってこの島にたどり着いたというのはオペラオリジナルの設定のような気がします。

 チラシや謳い文句を見ただけだと、物語は子ども向きに見えますが、鑑賞してみると音楽は複雑(わざわざ題名に「オペラ」と冠しただけのことはあると思いました)だし、ストーリーに含むことが多いしで、かなり難しいオペラに思えます。保育園児と思しき子どもたちもいっぱいでしたが、わかったのかな?・・・でも、小難しいことをいろいろ考えてしまうおばちゃんと違って、却ってあの小さい子どもたちの方が素直に、純粋に楽しめたのかもしれませんね。私自身は、観てよかったとは思うものの、いつもほど熱狂はできませんでした。ちょっと残念。

 舞台のセットの工夫が面白かったし、案内人役の猫が登場して猫の人形を使ったり、ベビーピアノを使ったりという楽しいところも満載だったし、衣装もステキだったんですけどね・・・。

キャストは・・・王様:大石哲史
 (敬称略)   大臣:武田茂
         王女:鈴木裕加
         王子:熊谷みさと
         王子のともだち
          (大臣の息子):彦坂仁美
         旅人あに:井村タカオ
         旅人いもうと:西田玲子
         案内人:金村慎太郎
         ピアノ:服部真理子

もちろん、皆さんの演奏は素晴らしかったです。

原作絵本です↓

 

ねこのくにのおきゃくさま (世界傑作絵本シリーズ)

ついでに・・・

長岡京駅前のイルミネーション

Photo_5

Photo_7

Photo_9

|

« 『魔法無用のマジカルミッション ~(株)魔法製作所~』 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんにゃく座「ねこのくにのおきゃくさま」:

« 『魔法無用のマジカルミッション ~(株)魔法製作所~』 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »