« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

雪組「JIN-仁-」「GoldSpark この一瞬を永遠に」

「JIN」という題材に惹かれて、雪組の公演を観に行ってきました。今回は阪急交通社の貸切公演で観に行きました。阪急交通社貸切公演20周年とかで、クリアファイルが配布されてラッキーと思ったのも束の間、これまで経験したことないほど熱いファンの方(グループ)が隣席にいらっしゃって、始終「可愛い」「カッコイイ」などの声がささやき声ではなく、普通の会話の大きさの声で聞こえてきてビックリしました。コメディ的なところでは大きな声でワハハと笑うし、拍手は率先してするし、ショーでも「KEI」と率先して叫ぶし腕は振り回すし、(叫ぶのはそういうことが許される演出なんだろうけど)・・・、私は他人が熱くなりすぎていると醒めてしまう性質なので、舞台があまり楽しめませんでした。トップスターと娘役の音月桂さん、舞羽美海さんの退団公演だからでしょうか・・・でも、これまでも退団公演を観に行ったことは何度もありますが、節度のある方がほとんどで、隣でこんなに騒がれるのは初めてです。拍手の率先やショーでの名前コールは良いとしても、下級生に手を振って手を振り返されたとかいちいち大仰に喜ぶので舞台に集中できません・・・残念な観劇になってしまいました。

Jin


写真は劇場ロビーのポスターです。このポスターの江戸版・仁の姿勢、 ちょっと悪くありませんか?せっかくの美人の音月さんなので、現代版・仁と同じく正面を向いている方が映えたのになぁ、と思いました。

 原作もドラマ版も好きで、楽しみでいった「JIN」でしたが、お芝居というかストーリー的には期待外れです。長丁場のお話をぎゅっとコンパクトにするために、いろんなエピソードの枝葉を取ってしまうのは仕方がないとしても、幹の部分にまでぼこぼこに穴が開いている感じが否めません。たとえば、いきなり勝海舟や緒方洪庵と知己になるのは許せるけれど、恭太郎の治療だけで名医と受け入れられるのは話が軽すぎる。コロリ治療の輸液もいつのまにか点滴ができてるし、点滴に関する説明もなく、神の手と・・・原作を知っているので、ここはこの部分を取ったんだな、と感じることはできますが、ヒューマンドラマとしても、幕末の人間模様としても不消化です。むしろ歌舞伎エピソードはなくてもいいかも。仁の「歴史を変えること」の葛藤も一言二言しか出てこず、咲が強い意志で桎梏を取り払いながら仁についていく姿も描かれず、いろんな人物が上滑りに描かれたまま、話が流れ過ぎていく感じ。

 一人一人の役者さんというか生徒さんたちは、魅力的に演じておられるのですけどね。特に真ん中にいることの多い音月さん・北翔海莉さん、未涼亜希さんが歌上手なので聴き応えがありました。舞羽さんは可憐だし、早霧さんはコミカルな龍馬を楽しく演じておられるし。主題歌のMy Life Your Lifeもすてきな楽曲です。
 なにより(この先ネタバレです)、エピローグは原作よりもドラマよりもヒロインが変わらないタカラヅカ版が好きです。タイムスリップ前に悪性のがんで亡くした仁の婚約者の結命(ゆめ)、タイムスリップ後に再び現代に帰ってきた仁の前には大けがをした彼の執刀医・橘結命として現れます。結命は咲の子孫。瓜二つだということは血もつながっているのでしょう。タカラヅカ版オリジナルのキャラですが、幸せな気持ちにさせてくれる存在です。「結ぶ命」と書いて「ゆめ」という命名も良いですね。

 最近は映像を利用するのが流れなのでしょうか。「仁」でもプロローグの人物説明に映像が使われていて、少し驚きました。前回の「銀河英雄伝説」のようにSFならサモアらんと思いますが、和物のドラマだったので・・・あ、でもタイムスリップするんだから、これもSFか。

 阪急交通社の貸切ということで、沙央くらまさん演じる佐分利医師が、仁へ「阪急交通社、ではなくて鈴屋さんから文です」などと笑わせられる場面もありました。

 しかし、一方で、可愛いタイプの容姿を持つトップである音月さんには、せっかくの退団公演だから、こういった渋い役どころよりもふさわしいものがあったんじゃないか、という印象もぬぐえません。

 ショーは題名通りキラキラ感満載でした。まずは全員Goldの衣装で始まり、客席降りも華やかで元気いっぱい。ギリシャ神話を現代風にアレンジしたオルフェの場面も幻想的でよかったです。ここでは北翔さんの威厳のある美しさと未涼さんの歌に注目です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

映画「鍵泥棒のメソッド」

 この映画も先日書いた「天地明察」と同じく、先月の公開日当日に観たのですが・・・。「観たい」「読みたい」(「観た」「読んだ」)を優先すると「記録する」時間が生まれてきません・・・。困ったもんだ。毎週3連休にしてほしい・・・なんて、怠けもの過ぎ?3連休であってもやっぱり書けない気もします。

 さて、「鍵泥棒のメソッド」、すご~~く楽しく観ました。オススメ度満点です。個性的な役者さんたちが癖のある登場人物を演じて、物語の展開も、伏線が張り巡らされているのに、予想を上手に裏切ってくれて・・・。笑えるシーンがいっぱいです。この映画は何の先入観もなしに観に行くのが良いと思います。ユーモア、エスプリ、ウィットなどなど、そういう言葉がいっぱい詰まっています。

 ネタバレも書くかもしれないストーリー紹介(1ヶ月前の記憶なので記憶違いならお許しを)

 売れない役者の桜井武史(堺雅人)は失恋と貧乏のため首つり自殺をしようとするが失敗。汗をかいてしまったので身一つで銭湯へ。洗い場の隣の男から無断で石鹸を失敬しようとしてまたまた失敗。石鹸は洗い場の床へと落ち、そこへ入ってきたコンドウ(香川照之)がその石鹸を踏んで盛大にすっ転び頭を強打、気を失ってしまう。貧乏の極みの桜井はとっさに、コンドウが落した銭湯のロッカーのカギを自分のとすり替え、脱衣場へ。コンドウの服を着てたっぷりお札の入ったコンドウの財布を持ち、コンドウの外車に乗って帰ってしまいます。コンドウの金で、滞納していたアパートの家賃や友達の借金を払い、別の人と結婚間近な元彼女のマンションに行き・・・。

 翌日桜井はコンドウが運ばれた病院にコンドウの服や荷物などを持って、謝罪に向かうが、コンドウは記憶喪失になっており、桜井の服のポケットにあった税金の督促状から、自分は桜井だと思い込んでいます。桜井はコンドウに自分のやったことを明かさず、これ幸いと羽振りの良さそうなコンドウに成りすますことにして、そっと病院から抜け出してコンドウの高級マンションに向かいます。

 自分が桜井だと思ったままコンドウは勝手に退院し、桜井のぼろアパートに向かいます。その途中に出会った水嶋香苗(広末涼子)という女性に出会います。香苗は出版社の編集長として活躍している優秀な女性ですが、ちょっとズレた感覚の持ち主でもあります。子どもの頃から頑張り屋で計画的に勉強をしてきた延長でそのキャリアを築いてきたため、結婚さえも努力をすれば思い通りに計画的に実行できると思っていて、相手もいないのに結婚式の日だけを先に決めて日々努力(?)している最中なのでした。職場のみんなもその婚活を見守ってくれている感じ?
 香苗は記憶喪失というコンドウの立場に同情して、アパートに行って何くれとなくコンドウの世話を焼くようになります。コンドウはきれい好きと見えて、だらしない桜井の汚部屋をまず掃除し始めます。(あとで自分の部屋に帰った時桜井がだらしなく散らかしていたりタバコを吸っていたり・・の状況にうんざりし、文句も言っています)

 コンドウのマンションの、高級服ばかり整然と並ぶクローゼットの中で桜井は名前と肩書きの違うたくさんの身分証明書を発行します。実はコンドウは誰も素顔を見たことがない「伝説の殺し屋」だったのです。桜井はコンドウに成りすましているばかりに、殺しを請け負わなければならなくなってしまいます。一方、コンドウは自分を35歳の売れない役者と思い込んでおり(香苗に35歳だと告げるときに「見えませんよね」と言っていて、笑えました)、演劇論を勉強するとともに、貧乏生活から脱出するべくまじめにアルバイトも始めます。

 ・・・さて、殺しを請け負わされた桜井はどうするのか、コンドウの記憶はいつ戻るのか、香苗の結婚計画は??

 推理小説的な展開もあって本当に笑えました。

中心人物の3人はいずれ劣らぬ演技派ぞろい。ちょっとした表情も可笑しくてさすがでした。まぁ、桜井は憎めないけどしょーのない奴ですね。堺さん、好演してます。特に表情の動きがね、いいですね。 コンドウは、最初の登場時には、いかにも裏稼業をしている感じの高級車・高級腕時計を持った強面で自身たっぷりの男だけれど、記憶喪失時にはまず、世に身の置き所のない感じを漂わせ、それからまじめで気の良さそうな雰囲気を身にまとい・・・と、香川さんの名優ぶりを一つの映画の中で堪能できます。記憶喪失時もそうでないときも変わらないのは几帳面で仕事に細心の注意を払って取り組むところでしょうか。
 広末さんの香苗もまじめなのに可笑しくて可愛いキャラが、これまでの私が観た広末さんのどの役よりも、私は気に入りました(というほど広末さんの出演作をたくさん見ているわけではないですが)。

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

「桃次郎の冒険」京都劇場千秋楽

 長い間たくさんの四季作品を観た京都劇場。劇団四季が「撤退」する前の最後の日、「ファミリーミュージカル」を大人一人で観劇するのは気恥ずかしい思いもあったのですが、やはり観ておきたくなって出かけました。思いつきで席を取ったから端席でしたが、私が咳を取った後も同じような考えの人がいるみたいで、私が席を予約してた時空いていた席に大人が一人で座ってるシーンもいくつか見ました。子どもさんがたくさん来ていたけど、おもったより大人だけの方々も多く、大人一人で恥ずかしいかも~という心配はないほどでした。・・・劇団四季の公式発表には「撤退」とはありませんでしたが、マスコミの書き方は一様に「撤退」でしたね~~淋しいわ~

Kyotogekijou


入り口の10thAnniversaryと書かれた赤い階段も心なしか今日は暗めに写っているような気がします・・・。

 一大決心をして行ったわけだけど、今日の公演はいたって普通に行われて終わってしまいました。取材っぽい人は2、3人見かけたけど、劇場内にも特に何の表示もなかったし。まるでいつもと同じように、半月ほどたてばまた新しい演目が見られるかのようでした。ファミリーミュージカルで、お見送りとかがあるためでしょうか?正式発表から千秋楽までの期間が短かったためでしょうか?公演委員長からご挨拶ぐらいはあっても良いと思ったのに・・・。一般向けの演目だったら挨拶はあったのかなぁ。「京都劇場10年の歩み」なんてミニ展示ぐらいはしてほしかったな。何か思い出になることがあっても良かったと思うのですが・・・淋しさが募ります。福岡の時はどうだったのでしょうか?

 Momojiro


(コンコースにある京都劇場の宣伝コーナー?的な場所のポスター。今後はここもどうなるんだろう?ほかの演劇や映画イベントなどの予定が入ったらその宣伝に使われるのかな??)

 「桃次郎の冒険」の観劇は2回目です。(TV放映もあったので映像では何度か観てますが)
 
1回めは2004年の全国公演。子どもと観に行って、あとから出演者のメッセージが送られてくると言うサービスがありました。その時の桃次郎が飯村和也さんだったのははっきり覚えていたのですが、ほかのキャストの皆さんを確認するために当時のキャスト表を探してみました。そしたら、桃三郎はTV放送の影響か藤原大輔さんだとばかり思っていたのが、岩本達典さんでした。もういらっしゃらないですね・・・。スモモはとにかくとってもきれいな人という記憶でしたが…山本貴永さんでした。「ウィキッド」で初めて拝見したと思っていたら違いましたね・・・。あ、今日のスモモも美人さんでした。たぶん初めて拝見、だと思う。

 内容は桃太郎異聞という感じです。原作が詩人の阪田寛夫さんということで、歌も阪田さんの詞なのかな?と思っていたら、パンフレットに載っている「すもも も ももも」「雪ぼっこ」の作詞は劇団四季文芸部だということでした、残念。世知辛い人間界とせこい犬猿キジの可笑しさ、差別される鬼たちの切なさとやさしさ。ストーリーは単純と言えばた順だけど深く訴えかけてくるものがあるし、いずみたくさんの音楽も楽しくて美しい。子どもに見せたいすてきなミュージカルだと思います。

 青羽剛さんの紙芝居屋さん、楽しく舞台の世界に引き込んでくれます。安定感のある役者さんですよね。

 笹岡征也さんの桃次郎は優しそうで誠実な感じがあふれていて良かったです。

 吉谷昭雄さんと丹靖子さんのお爺さんお婆さんは、さすがベテラン、という感じ。良い人にしか見えないのに、ムシのいいことを平気で言う、宝を取られた方の事情までには思いを寄せない、お爺さんとお婆さんをいかにもな感じで演じておられました。

 長野千紘さんのスモモ、とても可愛らしい。可憐でけなげに見えます。中音の歌がとてもうまくて声もきれい。でもそのまま高音になると苦しいかもしれない揺らぎもほの聞こえてちょっと残念かな。

 百々義則さんの犬、凛々しく見えます。ルミエールといい、かっこつけたコメディアンぶりがよくお似合いです。お見送りの時も桃次郎に次ぐ人気者に感じました。

 遊佐真一さんのサル、見ていて楽しい。お見送りの時もコメディアン的な動きに感じました。

 団こと葉さんのキジ・・・キジはダンサーの枠なんでしょうか?美しい立ち姿。歌もとてもお上手。お見送りの時見たら舞台上よりもっときれいでした。前から好きな役者さん。握手してもらっちゃったのでうれしい。

石毛翔弥さんの桃三郎、元気いっぱいで微笑ましい。ロルフ役も記憶に新しいし、これから王子様的な役も目指していかれるのでしょうか?お見送りの時は子どもたちよりお母さんたちに人気があった気がするのですが・・・。

 安宅小百合さんのさくらんぼ。初めて拝見すると思うのですが・・・溌溂とした演技に好感を持ちました。

 お見送りは・・・子どもを連れてた時は楽しかったんだけど、大人一人だと気恥ずかしい。でもほかのお子さんたちが嬉しそうな様子が微笑ましくって、楽しい気分になりました。私が大人一人だとみると笑顔でスルーの人たちと、やはり手を取ろうとしてくださる人たちがいて、考え方とタイミングによるのかもしれないけど、やはり、手を差し伸べていただけると嬉しいものです。エスカレーター近く、桃次郎と犬のいるところあたりは、役者さんは片側しかいないので、桃次郎と犬の前だけ混んでいて、通路はすいているので、劇場係員さんに早く通るように指示されてしまいました。大人一人だから?握手を求めて側に行きたい、とは思わないけど、せっかくだから姿を眺めつつ普通速度で歩きたかったのに、最後の最後に残念な思いをさせられました。 

 今日のキャストは下記の表のとおりです。参考までに2004年のキャストも付けておきました。

  2012年10月8日のキャスト 2004年11月のキャスト
紙芝居屋 青羽 剛 岡崎克也
桃次郎 笹岡征矢 飯村和也
桃三郎 石毛翔弥 岩本達典
お爺さん 吉谷昭雄 鈴木和雄
お婆さん 丹 靖子 斉藤昭子
犬  百々義則 関与志雄
サル 遊佐真一 田中廣臣
キジ 団 こと葉 秋本真結実
スモモ 長野千紘 山本貴永
アンズ 生形理菜 大徳朋子
さくらんぼ 安宅小百合 大田未稀
男性アンサンブル 小出敏英 小出敏英
横井 漱 那俄性哲
鈴木伶央 佐藤晃仁
熊谷 藍  
女性アンサンブル 織田なつ美 首藤萌美
高橋えみ 斉藤瑠理
高野 唯 中出裕子
田中千香子 上原のり
原田麦子 久下紘子

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

映画「天地明察」

 どうも映画見学記を書くのは遅れがちになってしまいます。でも、前みたいにブログがストップすることがないように頑張って思い出しつつ書き綴ろうと思います。

 映画「天地明察」は原作がとてもよかったので、映画は制作発表されていた時からとても楽しみでした。どのぐらい原作を面白く読んだかというと、単行本で読んで、また文庫本で精読し、読書会もやったというぐらいです。単行本で指摘されていた和算関係の誤記が文庫では訂正されているのもチェックしました。 映画は基本的にこどもと一緒か一人で観ている私には珍しく、友人と待ち合わせて観ることに。もちろん彼女も原作ファン。終わった後はランチをしながら映画評。こういうことができると、連れ立っていくのも良いなぁと思います。一人だと気ままな時間に観に行けるので、ついつい一人で行動しがちな我儘な私ですが。

 そんなわけで、もう20日以上前になってしまいましたが、映画は初日に観に行きました。友人と話していたチェック点のひとつが「算額絵馬」。一般的に「算額」というと神社仏閣の社殿などに飾ってある大きく立派なものを想像してしまうのですが、今の、願い事(○○大学合格!とか)が書いてあるような小さい絵馬に筆と墨で漢字で和算が書いてあるのだろうか??スペースは足りるのかな?「からん、ころん」と鳴る形態なのだろうか・・・ということ。あと、再現されているであろう江戸時代の和算の道具や測量器具や渾天儀などのビジュアルが気になっていました。いずれも活字だけでは想像しにくいものだからです。

 算額絵馬は・・・ちゃんと「からん、ころん」鳴っていましたね。やや大ぶりの絵馬ですが現代の絵馬と同じような形でした。算木や測量器具なども「おお、これが、あれか」と楽しんで観ました。想像していたよりも大きくて立派なものが多くて、こういったものたちを見られただけでも満足・・・といえるかもしれません。エンドクレジットを見ると、天文・暦・歴史・和算・囲碁・公家ことば・珠算等々たくさんの、いろいろな分野の監修者や指導者の名前が出ていました。すごく工夫して作られた映画なんだと思います。

 俳優さんも豪華でした。主役の安井算哲を演じる岡田准一さんはもちろん熱のこもった演技で算哲の一生懸命な生き方を好演されていたし、えんの宮崎あおいさんは可愛らしかった。けれど、同じくらいかそれ以上にベテラン俳優の演技が光りました。ちらっとしか出ないところにもスター級の役者さんたちが揃っていましたし。特に水戸光圀(光国)役の中井貴一さんがはまり役でしたね。『光圀伝』の映像化の布石かなのか?とも思いました。どうなんでしょう?? 北極出地で元気に歩測する建部昌明と伊藤重孝を演じる笹野高史さんや岸部一徳さんもさてこそと思わせる演技。それから時代劇には歌舞伎役者さんが出てこられると身のこなしなどがやはりほかの役者さんこなれていて、ピタリと決まっていてすばらしいと思いました。激しい気性の関孝和役を熱演されていた市川猿之助さんは、チラシでは「亀治郎」と表記されていたので「亀治郎」としての最後のクレジットが出るのか?と思っていたら「猿之助」でした。嫌な公家を情趣たっぷりに演じておられた市川染五郎さん、お怪我の具合はどうなのか気になります。松本幸四郎さんはやはり御大という感じで保科公を格調高く演じておられました。このほかにも高麗屋から3人ほどのお名前がクレジットに出ていました。松本幸太郎さん、松本錦弥さん、松本錦一さん。そしてキャストの最後の方に原作者「冲方丁」さんのお名前が・・・。カメオ出演という感じでしょうか?どんな役をされていたのでしょう?

 さて肝心の映画の内容ですが・・・やっぱりストーリーは原作の方が良かったかな。北極出地まではとてもわくわくしたのだけど、そして最後の天文比べのような部分もとても面白かったのだけれど、途中がちょっと冗長でした。ところどころ「ハッ!」とする場面もあるのだけど、なんだかぼんやり画面を見てしまう時間が続いた気がします。算哲が色々葛藤したりしている部分などを娯楽映画として退屈させないようにするのは物語の扱い的に難しいのかな。小説はとても面白く読んだんだけど・・・。あと、算哲の妻をえんひとりにしたことで、えんの男勝りで激しい気性が薄まって、少しつまらない気がしました。ことさんも出してほしかったけど、そうするとまた映画が冗長になってしまうのか・・・。あと、小説で、いいな、と思ったセリフで、いくつか映画には生かされていなかったものもあったのが不満ではあります。

 とはいえ、とりあえず全般的に見てよかった映画のうちに勘定しても良いのではないでしょうか。原作も読んでね、という条件付きで。

 

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »