« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月25日 (月)

「第九軍団のワシ」

23日に観た映画の2本目は「第九軍団のワシ」

これはね~、かなり推したい映画です。戦闘シーン(私の嗜好としてはちょっと怖くて目を背けたい部分はあったけれども)などに迫力があって、文芸映画として単館系の劇場で短期間しか公開しないのがもったいないぐらい、ハリウッド的娯楽作品愛好者にもウケる映画だと思いました。

 舞台は西暦140年のブリタニア。(「テルマエ・ロマエ」の時代の少しあとですね。ことの発端はハドリアヌス帝の時代ですし。ブリタニアはブリテン島の南部で、のちのイングランドとウェールズの地域です) 南西部の小さな砦にマーカス・アクイラ(チャニング・テイタム)という新任の若い隊長が赴任して来たところから物語は始まります。マーカスの父・フラビウスはかつてブリテン島の北部(カレドニア…スコットランド)に、黄金のワシを掲げて5000人の軍団(ローマ軍最強と謳われた第九軍団)を率いて侵攻しましたが、フラビウスと軍団はそのまま忽然と消えてしまい、ローマ帝国の象徴である黄金のワシも失われたままでした。この敗戦のあと、ローマ軍は北部の民族の侵入に備えて、ブリタニアとカレドニアの間に「ハドリアヌスの長城」と呼ばれる城壁を築きました。

 マーカスは、父の軍団と黄金のワシの彫像がどこに消えたのかをつきとめ、敗軍の将として行方不明になっている父を探し、またその汚名をそそぐため志願してブリタニアに来たのでした。あらたな部下たちはマーカスの父のことを知っていて、侮るような噂話をしていました。ある夜半、マーカスは不穏な物音を聞いて部下たちを起こし、夜討ちに備えさせます。夜明けが近づき、部下たちがマーカスの勘違いだと決めつけそうになった頃、ブリタニアの先住民(ケルト民族?)たちが砦を急襲。防御態勢ができていたおかげで、夜討ちは何とか防いだものの、砦の外では先住民がローマ軍の偵察隊を捕虜にして惨殺しようとしていました・・・。マーカスは自分の精鋭軍を率いて、捕虜奪還に繰り出します。何とか戦いには勝つことができましたがマーカスは重傷を負い、砦を遠く離れた叔父の家で静養することになってしまいます。
 マーカスは叔父とともに行った競技場で図らずも一人の奴隷の命を救います。彼はマーカスの叔父に買われアクイラ家の奴隷となります。ローマを憎む先住民だけれども、生命の恩義でマーカスに忠誠を誓うエスカを演じるのは、「リトル・ダンサー」の主人公だったジェイミー・ベル。感情をあまりあらわさないエスカの表情はとても印象的です。
 叔父を訪ねてきたローマ軍の将校から、第九軍団のワシの彫像がブリテン島の北の果てに祀られていると聞いたマーカスは、エスカと一緒にワシの行方と父の消息を求めて、ハドリアヌスの長城の先へ、ローマの支配の及ばぬ土地へと旅に出ることになります。

 ・・・この調子だと、ネタバレするまで書いてしまいそうなので、ストーリーの紹介はここまでにしておいて・・・

 このふたり旅、往路・帰路、ワシの在り処などなどドキドキハラハラの連続です。ちょっと先住民の描き方が酷いんじゃないか?と思わないでもありませんが、見応えたっぷりです。エスカの表情がいつもミステリアスで、主人公より印象に残って、すごく目に焼き付いています。

 やっぱりネタバレを書いてしまいますが、ローマに反感を持っているエスカが、北方に行ってもマーカスに力を貸してくれるかどうか、マーカスの叔父らは大いに疑いを持っていて、むしろそれをいい潮にエスカが先住民と結んでマーカスを殺して自由の身になるのでは?、と心配というより確信してマーカスを引き止めるのですね。それを押し切って、マーカスたちは出発します。旅をしようという話が出る前段で、マーカスとエスカがともにイノシシ狩りをしているシーンがあり、主従を越えた友情をはぐくんでいることを象徴したシーンだろうとは思うのですが、二人の結びつきが強固であるという確信が得られるほどの場面はありません。だからこそ北方に行ってからのエスカの行動のミステリアスさが高まってよいとは思うものの、エスカがなぜ、同胞ともいえる先住民側につくと見せかけて、その実マーカスのために働いたのか、という疑問は残ります。そこは物足りない気がしなくもないです・・・。

 それから、こう書いてしまえば身もふたもないのですが、なぜ「黄金のワシ」や「名誉」(家名?)のためにこれだけたくさんの人の命をかけなければならなかったのか・・・、勝者が属するのが巨大なローマ帝国(ブリテン側から見れば侵略者)なだけに、ちょっとモヤっとしないでもありません。そこも含めて名作映画といえるのか、とも思いますが・・・。先住民が蛮族のように描かれているのは、ローマ側の目から見ていると考えればよいのでしょうか?勇猛なアザラシ族の若者が、川での戦いで死んで全身に塗った塗料が流された後、穏やかな死顔が水の中に見えたとき、ローマ人は何を思ったのでしょうか・・・。

 私は基本的に侵略者は応援したくないんですが、この映画ではどうしてもマーカスの側に肩入れしたくなって、ちょっと自己矛盾はありました。ローマ人とブリテン人との関係をどうとらえたらいいのか・・・でもこれは歴史観の問題じゃなくて娯楽作品だ、と思って楽しむことにしました。 

 原作はイギリスの歴史小説家ローズマリー・サトクリフの「歴史ミステリー」ということですが、YA本とみえて岩波少年文庫に入っています。実は、私この本が少年文庫で出たときにすごく読みたくて買ったんですけど、積読になったままです。これを機会に読んでみなくちゃ!

この物語はフィクションのようですが、ローマの第九軍団5000名という大軍が忽然と消息を絶ったのは歴史的事実なのだそうです。いろんな説があるのを、歴史ミステリとして創作されたのがこの本のようですね。続編(マーカスの子孫が主人公)もあるようです。

 あとひとつ。京都シネマには「第九軍団のワシ」のパンフレットが置いてありませんでした。すごく残念!公式サイトにはパンフレット発行という記事があるので、作成されなかったわけではなさそうですが、東京でのみの販売だったんでしょうか??それとも京都シネマに上映が回ってきたころには品切れになっていた?
 公式サイトの宣伝によればとても充実した内容のようなので、ぜひ読みたいんだけど・・・どこかで手に入らないのかなぁ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

「アンネの追憶」

 久しぶりに京都シネマに行って会員更新したついでに、招待券で2本映画を観ました。

 1本目は「アンネの追憶」。『アンネの日記』の著者、アンネ・フランクの親友だったハネリ・ホスラー(映画字幕の表記、『アンネの日記』ではハンネリ・ホースラル)に取材したノンフィクション、『もうひとつの『アンネの日記』』が原作、ということです。でも、映画は1979年(アンネが生きていれば50歳!)、アンネの父・オットー・フランクが、たぶん小学校で講演を終えようとするシーンから始まります。万雷の拍手の中オットーが去っていこうとすると、一人の少女が立ち上がり「ミスター・フランク・・・・」と質問します。それからオットーの回想のような形で、アンネが幼い小学生でハネリと友達になったとき、ハネリとの楽しい学校生活、オランダでも始まったユダヤ人弾圧、誕生日祝いに日記帳をもらったこと、隠れ家へのひっこし、ハネリの家族の逮捕、ペーターとの淡い恋、隠れ家の発覚とアウシュヴィッツへの移送、ミープのドイツ軍への抗議、アウシュヴィッツでの弾圧や殺戮や強制労働、アンネと姉のマルゴーとのベルゲン・ベルゼン収容所への移送とハネリとの再会、ソ連のアウシュヴィッツへの侵攻とナチの証拠隠滅と陥落、マルゴーの死、オットーの帰還とミープとの再会、娘たちの死を知り愕然とするオットーにミープが手渡すアンネの日記帳、オットーとハネリとの再会、ハネリと妹ガビとのパレスチナ(イスラエル)への旅立ち・・・そんなストーリーをたどって、もう一度1979年の講堂で映画は締めくくられます。

 アンネ役のロザベル・ラウレンティ・セラーズはとても表情豊かで魅力的。可愛らしいです。

 全然この映画に関する知識なく観はじめたら、登場人物のことばが英語だったのでちょっとびっくり、アメリカかイギリスの映画かな?と思っていて、パンフレットを見たらイタリア映画だったので2度びっくりです。

 映画自体は音楽も美しく、内容的にも良い映画といえると思います。ユダヤ教のラビの存在感も圧倒的でした。子どもたちやペーターを助けようとする姿やSSとの哲学問答など・・・。映画館は年配のひとばかりでしたが、むしろティーンエージャーに観てほしい、学校の団体鑑賞などに取り入れてほしいなぁと思いました。

 ただ、絶滅収容所で強制労働させられているユダヤ人役の人たちが健康的な体型を保ったままだったので(ペーターだけは本当に憔悴して見えたけど)、ちょっと惜しいかなぁ・・・まぁ、映画というフィクションなんだし仕方ないな…。とは思いましたが。

 

 「アンネの日記」もアンネの伝記の類も読みましたし、オランダを舞台にした抗ナチズムの小説も読みましたが、この映画で描かれているようにユダヤ人が黄色い星のマークをつけさせられたときに、良心的オランダ人が黄色い花(チューリップなど)を胸に着けて抵抗を示していたのは知りませんでした。ハネリのこともほとんど知らなかったので、ハネリの視点で描かれたこの映画の原作もぜひ読みたいのに絶版のようです。残念・・・。講談社の児童文学には、絶版になっている良い本がたくさんあるので、定期的に文庫か青い鳥文庫で復刊してほしいなぁ、と今回も思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

「幸せへのキセキ」

久しぶりに映画の記事です。(いや、観に行ってなかったわけじゃないんですけどね・・・。近いうちにまとめて感想を書こうかな)

 3日ぐらい前までは、この週末は「MIB3」を観に行く気満々だったのですが、TVCMを見て、突然気が変わり「幸せへのキセキ」を観に行ってきました。以前は「母を亡くした子どもたちの話・・・」というのが苦手分野(泣くのが苦しくて)だと思っていたのですが、実話が原作というのにひかれたのと、母の難病が描かれているわけではないようなので。

 結果は、観て正解でした。妻を、母を失って悲しみに打ちひしがれている家族の再生というストーリーも感動的だし、原作はイギリスの話だけど、「動物園の再建と成功」というちょっとアメリカンドリーム的なイメージも観る人の心を励まします。子役たちも表情豊かで、特に7歳の娘のロージーを演じたマギー・エリザベス・ジョーンズが愛らしい。あどけない表情は小学生というより、もっと小っちゃい子どもにも見えましたが、おしゃまな口のききようも可愛らしかった。14歳のディラン役のコリン・フォードの母を亡くした悲しみと思春期の辛さを抱えた「暗い目」が明るい顔に変わるところも良いですね。二人とも実年齢より幼く見えるのが、この映画にはぴったりの配役に思えました。逆にリリー役のエル・ファニングは13歳とは思えないほど大人っぽくて、もう立派なレディって感じ。リリーがなぜティーンエージャーになったばかりの年齢なのにここで働いているのかは、映画の中では語られなかったけれど、当然相応の事情があるはず。外見は大人っぽく見えるのもこの役にピッタリに思えました。大人は大人で、子供はこどもでいろんな視点から楽しめるファミリー映画だと思いました。原作も読んでみたいですね。

 「キセキ」がカタカナで表記されているのは「奇跡」と「軌跡」がかけてあるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

「サウンド・オブ・ミュージック」大阪公演千秋楽

 劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」、千秋楽を観てきました。実は去年の9月以来。ロングラン公演で2回しか行かなかったのは珍しい(東京公演と合わせれば3回だけど)。良い作品だと思うけど、やはりジュリー・アンドリュースの映画の方が好きと言わざるを得ないからね・・・。それから京都で「マンPhotoマ・ミーア」とこれまた好きな演目をやっていたのも関係あるかな・・・。

 でも、千秋楽を迎えてみると、もう少し見たかったなという思いはあります。総じて満足な舞台でした。

 千秋楽特別カーテンコールは、芝さんのあいさつ、芝さんから始まってみんなの合唱になる「エーデルワイス」。勅使瓦さんが子役ちゃんたち一人一人の名を読んで「この子たちも今日で最後の舞台・・・」みたいな話。子役ちゃんたちが中心の「So Long, Farewell」の歌など。良かったんだけど大人の皆さんも一節ずつだけでもそれぞれの持ち歌を歌ってほしかった・・・というのはぜいたくでしょうか・・・。ふつうのカーテンコールも何度も何度もあり、最後の方はほぼみんなスタンディングオベーション。最期には芝大佐の「ピーッピッピッ・・・」という笛の音でキャスト全員退場。芝さんだけが残った下手袖でもういちど笛を鳴らして退場・・・ということでおひらきになりました。

 千秋楽のキャストは下記の通り。9月に観に行った時のキャストとはちょっぴり変化していて、その違いも楽しめました。もっとも9月の時の表が見当たらないので、子役ちゃんたちとアンサンブルの方々はどなただったのか覚えがないのですが。

2012年6月3日の出演者
マリア 井上智恵
トラップ大佐 芝 清道
修道院長 秋山知子
エルザ 西田有希
マックス 勅使瓦武志
シュミット はにべあゆみ
フランツ 青山裕次
シスター・ベルテ 久居史子
シスター・マルガレッタ  保城早耶香
シスター・ソフィア 山本志織
ロルフ 石毛翔弥
リーズル 池松日佳瑠
フリードリッヒ 大前喬一
ルイーザ 若狭和歩
クルト 佐野晶哉
ブリギッタ 海田那月
マルタ 小川ひかる
グレーテル 上山さくら
   
【男性アンサンブル】 【女性アンサンブル】
小出敏英 長寿真世
柳 隆幸 吉田千恵
中橋耕平 小島由実子
深堀景介 山本詠美子
藤木達彦 西浦歌織
蛭沼建徳 松尾千歳
新藤晃大 小林貴美子
諏訪友靖 久保佳那子

マリアは3回とも井上さんで、とってもお上手だし、可愛いし、「良い人」って人柄がオーラになって出てるんだけど、ぜいたくを言うならいろんなキャストで観たかったです(なら、何度も観に行けって話かもしれませんが・・・そうそう観劇ばかりにしかも四季ばかりに時間とお金を費やせないのがつらいところ)。

芝大佐は初めて見ました。カッコイイです。今日ちょっとエーデルワイスで声が出づらかった場所ありましたが…。

修道院長・エルザ・マックスは3回とも同じ方々。高値安定です。秋山院長の「すべての山に登れ」は何度聞いても感動する。四季版CD発売してほしいけど、CDが無理なら「すべての山に登れ」だけでも音楽配信してほしい。エルザは美しくて、才気あふれるいい感じを発揮しておられます。マックスは・・・当たり役と言う感じがします。シュミットさんは昨年9月に観たときは大橋伸予さんでした。お歳は違うけれど、どちらも家政を仕切る方の凛とした風情があります。

 フランツは前2回は川地啓友さんでした。ナチス式あいさつを交わす時の怖さは川地さんの方が勝っていたかな?青山さんは青山さんでステキですが・

3人のシスターは、たぶん9月の時と同じ方々。みんな美しい歌声で満足です。ロルフは3回とも違う方でした。演技とセリフは一和洋輔さんが一番うまい気がしますが、石毛さんも若手の期待株と言う気がしました。リーズルは東京で観たときと同じ池松さんですね。9月に観た五所真理子さんの方が大人っぽく、きれいなお姉さん、って感じ。池松さんの方がベビーフェイスなだけに少女っぽくて、無邪気なお姉さんな感じ。初めてマリアに会った時、「家庭教師はいらない!」と言う時などの嫌そうな表情が特に。

 子役ちゃんとアンサンブルさんは…残念ながら前のキャストと比べるほど覚えていません。子役ちゃんたちはみんな本当に上手。やはり小さいころからタレントスクールみたいなところや習いごとなどで特別な訓練を受けている子たちばかりなのでしょうか??アンサンブルさんたちは東京で観たときより若い方が多いような気がしましたがどうでしょうか?

Photo_2
劇場ロビーに飾ってあったお菓子の家とテディベア。可愛いね。「サウンド・オブ・ミュージック」パッケージのビッグサイズコロンは、9月に来たときは売ってなかったように思う。これまでの演目では毎回買っていたのに、「サウンド・オブ・ミュージック」だけ買う機会を逸して(今日はもう売り切れ)残念です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »