« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月12日 (月)

「マンマ・ミーア」京都劇場

 日曜日、京都劇場へ劇団四季の「マンマ・ミーア」を観に行ってきました。京都マラソンの日で交通機関はどうかな?と思ったけど、京都市内の道路を通るわけではなく、鉄道だけの利用なので余裕でした。

Photo

外はちょっと寒かったけど劇場の中は(前方は)熱気にあふれてました。私の周りの人がそういう人が多かったのか、よく笑い声が響いていました。足ひれダンスとか、スカイのドレス姿とか、ドナとパパ達とのちょっとしたズレとか、ペッパーのコメディアンぶりとか・・・。すごくウケてる!って感じの笑い声が聞こえてました。今回は娘と観劇。でも、このチケットを取った後に、学生向けイベントの告知があって、ちょっぴり残念でした。学生向けイベントチケットだったら、席はちょっと悪いけど、代わりに見学とかに参加できるし(親はムリですが)別々観劇でもその方が娘にとってはお得感があったかもしれません。まぁ、でも娘には今回久しぶりの「マンマミーア」。前方席で楽しんで満足してくれたようなので、私もうれしいです。

キャストは下記の通り。

                                                                                   
 2012年3月11日の出演者
ドナ鈴木ほのか
ソフィ谷口あかり
ターニャ八重沢真美
ロージー青山弥生
サム荒川 務
ハリー味方隆司
ビル脇坂真人
スカイ竹内一樹
アリ木内志奈
リサ細見佳代
エディ大塚道人
ペッパー一和洋輔
男性
    アンサンブル
黒川 輝
平田郁夫
ハンドコ・
    アクアリオ
南圭祐
正木棟馬
新井俊一
深堀拓也
女性
    アンサンブル
平田曜子
小島由夏
山中由貴
大槻純子
岡本瑞恵
小菅 舞
谷真梨子

前回の観劇時と、ロージー・アリ・リサ・エディが変わってますね。ロージーは、大阪で観たすべての回でおなじみなので違和感なし。エディも何度か観てますね。アリ・リサは初めて見ましたが・・・まぁまぁです・・・。

ただ、つい10日ほど前まで阿久津さんがサムをなさってたじゃないですか!だから、阿久津サムが見れるかな、と期待してたんですよね。荒川さんサムも十分良いのですが、まぁ、ほかのキャストでも観てみたいというか・・・。ちょっぴり残念でした。

で、今週のキャストでは、樋口さんがドナになってるし!いやいや、鈴木ほのかさんのドナも母親らしくて、歌声にもパンチがあってすてきなんですけどね。たんにわたしが樋口麻美さんが好きなだけです。

楽しいラブコメなので(悲恋じゃないので)まだまだ何度も見たい演目なのですが、残念ながら今回の京都劇場バージョンは今回をもって(3回目で)MY楽です。ほかの人のブログを見たりすると、どんな演目でもすごい回数観に行ってる方っていらっしゃいますよね。時間とお金をどうしてらっしゃるんだろうとうらやましいです。キャストの発表を見て観に行く方たちとかも、うらやましい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

 映画「麒麟の翼」(ネタバレあり)

 ガッキーファンの知り合いが「めっちゃ面白かった」と言うので観に行ってきました。

 私はTVドラマを楽しんで観ていたので、映画も観に行きたいとは思っていたのですが、「観たい」映画の数と、空いてる休日の数が合わなくて・・・。いろいろ観たいのがある中で、どれにしておくか迷っているようなときは、知り合いのクチコミが後押しになりますよね。

 

 下の娘と行ったら、偶然上の娘もデートで同じ映画を観てて・・・。

 お互い、身も蓋もない感想を持っていました。

 いやぁ、謎解きというか、加賀恭一郎の個性とか捜査のしかたとか、松宮修平との会話とかは十分おもしろかったんですけど、悲劇の色が濃すぎて、やるせない。良い映画を見た後のカタルシスのようなものが得られないんですよね。

 (このあと、未見の方は読まない方がいいと思います)

 物語の作り方として、八島は死ななくてもよかったんじゃないか・・・、というのが一つ。意識不明のままで、きっともうすぐ回復するという希望が見えるとか、意識を取り戻した!というシーンで終わった方が、香織との二人の今後を思えて却って物語に厚みが出そうな気がするのは浅い考えでしょうか?いろいろと理不尽なことが起こっている物語(現実世界も理不尽なものだけど)のなか、幸せを取り戻せた二人が見たかった気がします。

 それから、労災隠しの顛末も、ここはちょっぴり勧善懲悪なエピローグを入れてほしかった。加賀が追及するとか皮肉を言うとかでもいいし。八島の同僚が勇気を振り絞って警察署に来てくれたのに、その結果が示されなかったのは残念。

 まさか悠人の後輩が回復する奇跡を作中で望むほど能天気ではありませんが、せめてなにか救いがあってもよいのでは?と思う私。

テーマとしては、先生のとっさの誤った判断を断罪することなのでしょうか?それだけではなくて何か・・・

 娘は犯人は同級生というのが一番ショックみたいだったです。でも私の結論は・・・歩かなかったら死ななかったのでは?というもの。長距離を歩いたからこその失血死?なのでは?歩かずに倒れている姿を見れば八島も119番通報しようと思ったかもしれないし・・・イヤそれではお話にならないわけだけども。そういう設定のものなんだって、それは分かっているのだけども。

加賀恭一郎シリーズ、じつは原作を読んでないんですけど機会があったら読後感と比べてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月 1日 (木)

『運命の人』全四巻 山崎豊子著

『運命の人』全四巻 山崎豊子著 文春文庫刊

 山崎豊子が沖縄密約問題について書いたと言うことで、新刊当初気になっていたのですが・・・読めないまま数年たち、今回ドラマ化されたのでTVを見て、政治家たちのモデルを考えたりするうちに、やっぱり原作を読みたくなって読みました。長編小説を読みすすめるのは苦にならない私ですが、とっかかりがないとなかなか手が出しにくいことも否めません。やはりドラマ化されると登場人物をキャストに当てはめて読めるので、読みやすいという良点はあります。文庫で4巻といっても字は大きいし1冊1冊は薄いのでわりにすぐに読めました。
 すぐに読めたといっても読み応えはありです。特に4巻では、沖縄少女暴行事件や沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落など比較的記憶に新しい事件が出てくるので、一層興味深く感じました。
 密約問題裁判から、退職したあとの弓成の空虚と煩悶が描かれた1~3巻。それとは画すように、4巻では、沖縄の苦難の歴史と苦渋の現状が描かれます。弓成の心はそれらを取材し検分することで再生していきます。そこへ、琉球大学の教員がアメリカの公文書館で「沖縄密約」の証拠文献を見つけたという報道が・・・。

 あくまでフィクションとはいえ、事件や沖縄戦・基地問題についての告白など、事物や文献に証拠のあるものは、ほぼ事実だと思うのですが、主要な人物の言動については、どこまでが事実の踏襲でどこまでが脚色なのかも知りたくなります。

 小説を読んでいると、あらためてドラマの方のキャストやストーリーのはまり具合に高評価をつけたくなりました。でも、当然ながら小説とTVとの違いも結構ありますね。ストーリーはTV版のほうが短くなっている気がします。まだ途中なのでどこまで描かれるのかは分かりませんが。弓成夫婦の関係はTVの方が良い感じ、かな?小説版では弓成は由里子の実家に謝りになど行ってないし三木事務官の虚偽証言などは、小説のままだとTVには強烈過ぎるので変えてあるのでしょう。2月26日のドラマを見ている時には、すでに小説3巻まで読み終えていたけれど、「ネクタイを証拠として提出したらいいのに!」と思ってしまいました。ドラマ版ではどうしても松たか子さんに思い入れをしてしまいます。今後、そんなに何回も放映時間が残っているわけではないので、ドラマではどこまで描かれるのでしょうか・・・?

 私としては、密約問題そのもの(そのために今も引き続く基地問題)とか、密約問題・報道の自由という論点が時の政府や検察によってすり返られたことには怒りを感じますが、やはり、「クリーンハンドの原則」は大きいとも思いました。興味深い小説ではあったけれども、妻をないがしろにしてばかりの主人公には肩入れできないと感じて、読んでよかったとは思うものの読後感はスッキリとはいきません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »