« あぁ、キャッツ | トップページ | 「ダンスオブヴァンパイア」 »

2011年12月11日 (日)

「源氏物語 千年の謎」

 日本文学専攻だった私、「源氏物語」の映画化に喜び勇んで観に行ったものの・・・大外れでした。

(ネタバレあります)

まず、原作が『源氏物語』じゃなかった。『源氏物語 千年の謎 (角川文庫) 』って、田辺聖子の『新源氏物語 (上) (新潮文庫) 』みたいな現代語抄訳(超訳)とかじゃなくてたぶん源氏をモチーフにした別の小説なんですよね・・・。これは

「源氏物語」と銘打ち「紫」式部が出てくるのに、紫の上登場せず、若紫の段は全く無視?それはないわ~。

須磨帰りどころではないぐらい、ホンのさわりだけでおしまい。現実世界とのつながりもオカルト仕立てもビミョー。

生田斗真さんの光源氏とか、東山紀之さんの藤原道長とか、中谷美紀さんの紫式部とか、源氏の妻や恋人たち、窪塚さんの安倍晴明も含めて・・・その他それぞれどの役者さんもよかったし、セットや衣装も絢爛で~~、ストーリー以外はよかったんですけどねぇ~。

残念でした。でも逆に、この映画の本当の原作も読んで映画と比較したくなりましたよ。

あ~そういえば思い出したけど、10年ぐらい前に天海祐希主演の源氏物語の映画もあったなぁ・・・期待して観に行ったけどあれもハズレだった。大体あの大長編を短くまとめるのはムリだよね。3部作ぐらいで作ってほしいわ~。

|

« あぁ、キャッツ | トップページ | 「ダンスオブヴァンパイア」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語 千年の謎」:

« あぁ、キャッツ | トップページ | 「ダンスオブヴァンパイア」 »