« 2008年12月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年2月16日 (月)

東宝「エリザベート」

これも、先月の観劇です。東宝「エリザベート」。実は今回が初見です。ちょうど大阪に来たときと、自分の都合(家族の都合)が会うときというのが難しいですよね。今回こそ絶対見逃すまいと思って予定を繰り合わせて、山口祐一郎さんバージョンを選んで1度は観劇できましたが、主な役がWキャストPhotoだったので、色んな取り合わせでみたいと思ったのに果たせずじまいです。

←梅田芸術劇場前に掲出してあったポスターです。

 私が観たソワレでは、Wキャストの分の出演者は、(以下敬称略)エリザベート=涼風真世、トート=山口祐一郎、フランツ皇帝=鈴木綜馬、皇太子ルドルフ=浦井健治、ゾフィー皇太后=寿ひずるのみなさんでした。他の出演者はルイジ・ルキーニ=高島政宏、父・マックス=村井国夫、母・ルドヴィカ=春風ひとみ、マダム・ヴォルフ=伊藤弘美、リヒテンシュタイン女官長=小笠原みち子・・・などなどおなじみの方々も。

 全般的な感想として、私は、山口さんの歌唱力に圧倒され、席が悪かったこと(これでも先行予約なのに・・・。こんな大きな劇場の2階の4列なんてS席じゃない!って言いたい)を除いてはおおむね満足しましたが、娘は「コロレド大司教(以前に観たミュージカル「モーツァルト!」の)と外見が変わらん」と辛口ぶり。たしかに写真で見る限り、健康的な風貌の山口さんよりもWキャストの武田真治さん(この方はよく知らないのですが)のビジュアルの方が“死の帝王”らしいですね。

 最初のシーンでは、エリザベート(シシィ)は若い娘、というよりまだまだおてんばな女の子。なのに涼風真世さんの声が全然違和感なくティーンエイジャーに聞こえました。いつまでもかわいいし、歌もステキ。大人のエリザベートの強さ・苦しさの表現もさすがだと思いました。

レプリークBis  12 『エリザベート  / [本]

 娘は「ベガーズ・オペラ」で拝見して以来、内野聖陽さんのファンなので、内野さんバージョンのCDを買って帰りました。でもハイライト版なの。もう全編収録のライブ盤は作成されないのかな??・・・楽譜も今回は発売がないようですし、前の版は絶版のようですし。この手のものはあまり売れないってことなのかな?でもせめて上演中ぐらいは復刊してもよいと思うんですが・・・。さびしいなぁ。雑誌は出てるんだけどねぇ。

エリザベート―愛と死の輪舞(ロンド) (角川文庫) Book エリザベート―愛と死の輪舞(ロンド) (角川文庫)

著者:ミヒャエル クンツェ,小池 修一郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【古本】エリザベート/ミヒャエル・クンツェ 【古本】エリザベート/ミヒャエル・クンツェ

販売元:ユーブック楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 エリザベートの関係書はここでもいくつか紹介しましたが、今回はこの舞台のノベライズ版を読んでみました。このノベライズのもとは宝塚の初演バージョンなのでしょうか。今の中身とは少し違っていますが、舞台だけでは読み取れないことも書いてあるからノベライズは読み逃せません。次は史実の解説書も読んでみたいです。ハプスブルク関係の本はたくさん出ていて多少は読んだことがあるのですが。

エリザベート エリザベート

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

「解ってたまるか!」(先月の観劇)

 長い間、更新することが出来ないでいました。腱鞘炎がひどくって、紙に手で文字を書くことがつらい、菜ばしで炒め物をかき混ぜるのがだるいという状態です。本当ならこんなことしてるより腕を休めるべきなのでしょうが、何か表現しないと私はストレス発散が出来ないのです。

 そんなわけで、感想を書いていない本が何冊も、映画が何本もたまっています。それでも昨秋までは舞台の感想ぐらいはなんとか追いついていたのですが、今年に入ってからは、それさえも書いていませんね。

 気を取り直してさかのぼってみます。

 Photo劇団四季「解ってたまるか」@京都劇場は、まだお正月休みのうちに観にいきました。なにかイベントの日のようでしたが、参加できなくて残念でした。

←京都駅コンコースの看板

 「ブラックコメディ」に引き続くストレートプレイ・コメディということですが・・・。同行の娘はとても面白がっていましたが、私には皮肉が強すぎる部分があって、ちょっと引き気味にみてしまいました。面白くなかったわけではないし、秀作だとは思うけど、きっと私はこの作者の福田恒存氏とは考え方が違うんだと思います。プログラムを読んだり、福田恒存氏について調べてみたりして、この芝居が揶揄しているものはなんなのか、それに対する私の違和感はなんなのかちょっと考えてしまいました。結局のところその違和感は浅利慶太氏が書く新劇批判への違和感と元は同じなのだと思いますが。

 とはいえ、嫌いというのとはちょっと違います。DVDも予約してしまいました。それはとにかく加藤敬二さんの魅力によるところが大きいかと思います。

劇団四季 解ってたまるか! [DVD] DVD 劇団四季 解ってたまるか! [DVD]

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2009/03/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 すばらしいダンサー・加藤敬二さんは、ストレートプレイでもその役者としての才能を遺憾なく発揮していますね。このブログで私は、加藤さんについて、ボビーといい、ベルナルドといい、かなり辛い評価を下しています。もちろんダンスについては冴え渡っていると言って良いと思いますが、10代20代の若者の役をするのにはもうムリがありすぎるんだもの。でもこういう年齢相応の役をやっていただくと、加藤さんはやはり「並みの役者」じゃないことに感心してしまいました。

「解ってたまるか」1月4日のキャスト
村木明男(ライフル魔) 加藤敬二
   
 ◆捜査本部
瀬戸内(警視庁刑事部長 捜査本部長) 山口嘉三
武田(警視庁捜査一課長 捜査本部報道長) 池田英治
春野(麻布警察署長 捜査本部副部長) 岡田吉弘(劇団昴)
熊谷(警部補) 牧野公昭
力石(警部補) 朝隈濯朗
平澤(警部補) 香川大輔
絹川(巡査部長) 藤川和彦
和田(巡査) 高草量平(劇団昴)
   
 ◆報道班
明石(中央新聞記者) 青羽剛
倉持(東京経済新聞記者) 鈴木周
反野(東方新聞記者) 田島康成(劇団昴)
   
 ◆文化人グループ
後藤則彦(大学教授) 川地啓友
山中俊夫(弁護士)  勅使瓦武志
大濱茂(映画監督) 田代隆秀
久田川順平(劇作家) 岡崎克哉
   
 ◆人質
奥澤(綽名ヘッピリ) 坂本岳大
甘粕(綽名オーアマ)  田中廣臣
栗林(綽名ボヤキ) 福山兼士(劇団昴)
関山(綽名カレススキ)  神保幸由
結城(綽名ユダ)  芹沢秀明
政子  佐和由梨
光枝  藤田晶子
静  新子夏代
   
 ◆ホテル関係者
鈴木(支配人) 井上隆司
内田(ルームサービス係/シューベルト(ドイツ人)  畠山典之

 他の出演者の皆さんも、それぞれいい味を出しているなぁ、と感心。特に田代さんの映画監督。これこそ現存しそうな典型的映画監督のカリカチュア。警官たちの言動への嗤いもぴりりと風刺が利いていました。刑事ドラマにありそうな光景です。私は若い力石警部補役の朝隈濯朗さんが注目株とみました。

 ずいぶん劇団昴の人が多いなぁ・・・と思って首をかしげていたのですが、それもそのはず、劇団昴は福田恒存氏が主宰して出来た劇団なんですね。

 政子の佐和さんの妹・光枝役が藤田さんというのは失礼ながらちょっと見た目ムリがある気がしました。どんなストーリーが隠されているのか逆に気になったりして。勝手に光枝はブラジル移民でものすご~~く苦労して帰国したことにしておきました。

Cimg0689 Cimg0690_2 「ブラック・コメCimg0692ディ」との連続観劇でもらったグッズです。

 

 もとの戯曲も読んでみたいのですが、文庫は絶版ですね。昨秋刊行され始めた「福田恒存戯曲全集」の第1回配本の5巻に収録されているのを発見しました。

福田恒存戯曲全集 第5巻  /福田恒存/著 現代演劇協会/監修 [本] 福田恒存戯曲全集 第5巻 /福田恒存/著 現代演劇協会/監修 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

劇団四季 解ってたまるか! 劇団四季 解ってたまるか!

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年5月 »