« こんにゃく座「ピノッキオ」 | トップページ | 「解ってたまるか!」(先月の観劇) »

2008年12月23日 (火)

映画「K-20 怪人二十面相・伝」

K-20 怪人二十面相・伝 公式ガイドブック 観て来ました。映画「K-20 怪人二十面相・伝」 。怪人二十面相にお出会いするのは、小学校の図書館で、子ども向けの少年探偵団シリーズを夢中で読んで以来かな?知ったのはTVアニメ「わんぱく探偵団」が最初(虫プロです。幼心にすご~く面白かった。今DVDボックス出てますね わんぱく探偵団DVD-BOX )。北村想の原作も気になりながら未読でしたが、この大傑作映画を観て早速注文しました。原作と映画はかなりストーリーが違うようですがお正月の楽しみにします

 ストーリーは・・・、1941年12月8日に真珠湾攻撃が回避され和平がなって、第二次世界大戦が起こらなかった日本、1949年の帝都(東京タワーらしきものがあります)が舞台。身分制度がさらに強化された極端な階級社会で、最下層に位置づけられている小屋がけサーカスの天才曲芸師・遠藤平吉(金城武)が主人公。平吉は運動能力抜群でサーカスの見世物は器用にこなすが、人付き合いは実に不器用。人よりサーカスの鳩たちのほうが好きなようだ。平吉はあるペテンにあい、帝都を荒らしまわる怪人二十面相として逮捕される。彼は濡れ衣を晴らすために・・・。

K-20 怪人二十面相・伝 オリジナル・サウンドトラック  う~ん、至るところ謎と仕掛けだらけのミステリーなので、ちょっと語ろうとしてもネタバレになってしまいますね。これ以上書くのは控えておきます。ストーリーも面白いし、アクションも見ごたえがあります。そうかと思うと笑えるところもたっぷりあるし、エンターテインメント性抜群だと思います。スケールが大きくて、邦画というよりアメリカの超大作を見ている感じ。いや、そういったら邦画を作っている皆さんに失礼か。でもこれ、絶対ハリウッドからリメイクの申し出があると思うなぁ。

 金城武も明智小五郎に扮する仲村トオルもかっこよすぎ。財閥令嬢・羽柴葉子を演じる松たか子の上品なお嬢様ぶりは自家薬籠中のもの。ホントに可愛くて、キレイで、天然ボケのようで凛としているこの役柄にぴったりです。カラクリ師・源治を演じる国村隼の含みのある演技や源治の妻・菊子役の高島礼子の明るい気風のよさ、二十面相のいくつもの顔・・・脇を固めるのみなさんの豪華なこと。小林少年(本郷奏多)は、良家のお坊ちゃま風。平吉の弟分のシンスケを演じる今井悠貴・・・上手です。10歳とは思えない。

 続編も作られるのでしょうか?平吉や葉子の今後が気になります。。

|

« こんにゃく座「ピノッキオ」 | トップページ | 「解ってたまるか!」(先月の観劇) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「K-20 怪人二十面相・伝」:

» 映画「K-20 怪人二十面相・伝」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
太平洋戦争・第2次世界大戦を回避した後の日本が舞台というのは面白い、回避したらどうなるのか説明は少ない、まぁそれが主題の物語ではないけどね~ 第2次世界大戦を回避した後の帝都、なんだか東京タワーみたいなのと羽柴財閥のタワービルが一際高くそそり立つ、けれ... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 17時57分

« こんにゃく座「ピノッキオ」 | トップページ | 「解ってたまるか!」(先月の観劇) »