« 京都劇場「ブラックコメディ」 | トップページ | こんにゃく座「ピノッキオ」 »

2008年12月22日 (月)

宝塚「夢の浮橋」「Apassionado!!」

Photo_2

←ポスターの写真です。

 もう3週間も経ってしまいました。先月末、観にいってきました。4ヶ月ぶりの宝塚大劇場。月組公演です。

源氏物語千年紀頌 夢の浮橋」・・・暗くて抹香臭い宇治十帖をどう宝塚風にアレンジするのか、ポスターの美しさとあいまって、期待を大きく持って観にいきました。私の解釈では宇治十帖の主役は、あまり物事を深く捉えられなかった田舎娘から、無常を嘆きつつも自分の意志を通す女性へと成長する浮舟。薫が主人公のようにも思えるけど、彼ははぐだぐだと悩んでいるわりにはちっとも成長しない。光源氏の血を引く匂宮はむしろ脇役に過ぎないと思っていますので、瀬奈じゅんさんが匂宮だというだけで、かなり大胆に物語を作っているんだろうと思っておりましたが、その通りでしたね。これは原作を知らないと話がほとんど見えないんじゃないか?と思いました。でも私の期待は十分に満たされました。

 匂宮を主人公にして、プレイボーイぶりを明るく描いたり、思い切って登場人物の枝葉を幹の部分に食い込んでまで断ち切ることで、宇治十帖の持つ暗いトーンを糊塗していますね。匂宮の薫への友情物語であると共に(その割には恋人を寝取っていますが・・・これもむしろ浮舟への恋というより、薫への当てつけと言うか同化と言うか…そんな感じ)比較的気楽な弟宮から、東宮として外戚から皇室を守ろうとする立場への匂宮の成長物語になっています。

 冒頭は源氏の君の死の直前。光源氏はかなり衰えを感じさせる姿で出てきます。紫の上の法要のためにに幼い匂宮と薫が光源氏とともに階を登っていこうとするところで、光源氏は薫本人に「罪の子」と声をかけています。これは・・・薫が暗くなるのも当然ですね。

 好きなシーンは匂宮が姉の女一宮の侍女・小宰相の君(城咲あいさん・・・メチャ可愛い)の局に忍んでいって、宮廷の女たちの詰問に会うシーン。これは楽しいシーンですが、「歌劇 2008年 12月号 [雑誌] 」の「えと文・ホタルのピカリ」によれば、あの時の侍女たちのセリフはみんなアドリブとだとか・・・。わー、色んなパターンで観たかったなぁ。小宰相の君の正体は原作と違って、傀儡女(=くぐつめ。難しい字で「くぐつ」と書いては漢字に変換できませんが、「かいらい」と書くとちゃんと変換できますね)。女一宮が匂宮のドン・ファンぶりを嗜めるために雇ったという設定です。彼女に連れられて匂宮は宇治の社で傀儡(くぐつ)たちの織り成す幻影を見ます。そこにはまさに傀儡=操り人形となった光源氏も現れます。・・・このシーン、傀儡たちの芸が見せ場なのと、摂関政治に絡めとられようとしている匂宮の兄弟たちの危うさを表しているのかもしれませんが・・・突飛でやりすぎでは?と感じました。

夢の浮橋/Apasionado!! ピアノサウンド(CD)  匂宮の瀬奈じゅんさん・・・美しくて華やかで美しい。まさしく宝塚の貴公子。女の子にやに下がっているところも、最後の覚悟で目つきが変わるところも表現力豊かでステキでした。浮舟(羽桜しずくさん)との宝塚的だけどものすご~く濃厚で色っぽいラブシーンに釘付けになってしまいました。このシーンちょっと親子観劇には向きません。顔が赤くなります。ついでに、』学校観劇の皆さまがたにもいかがなものかと・・・もっとも、学校観劇の方々にはこれは「源氏物語」そのものではないことも理解してもらわないとね。

 薫中将の霧矢大夢さん。まめ男ぶりは地なのかとおもうほど、はまっていました。私が観た公演ではエッフェルといい、ボルディジャールといい、ジョン卿といい、なぜかまじめな役どころの多い霧矢さん。薫を演じるのにこれほどふさわしい人はないのですが、この公演での薫は原作よりなお気の毒な扱いのような気もします。

 二の宮の遼河はるひさん、今回憂いを含んだ良い役でしたね。これまで喜劇の中のさらにコミカルな役しか見てなかったので、綺麗な立ち姿と兄宮としての自覚的な言動に見惚れてしまいました。

 他のみなさまがたも、とってもステキでしたが(琴の演奏シーンは、みな生徒さん方が弾いておられるのですよね?芝居の練習に加えて色々なことをするのですねぇ)、私が、とても美男子(美人)だと思ったのは夕霧の次男役の星条海斗さん。次回はもう少しセリフのある役で観てみたいです。

  「Le Cing (ル・サンク) 2008年 12月号 [雑誌] 」には今回シナリオも掲載されています。読んで写真も見て公園を反芻して懐かしんでいます。

Le Cing (ル・サンク) 2008年 12月号 [雑誌] 「ファナティック・ショー Apassionado!! アパショナード・・・ラテン的なショー。冒頭(第2場)のシーンにびっくりします。大階段に瀬奈じゅんさんのきりりとしたお顔。巨大なマント(一体どのぐらいの重さがあるのでしょう?)に包まれて・・・。

 見せ場は男役スターたちがそれぞれ花を象徴する色とりどりの鮮やかなドレスで踊るシーンでしょうか。客席もおおはしゃぎでした。蘭の精で白いのドレスの霧矢さんはまるで娘役のトップさんのように美人でした。

 私が好きだったのは映画のシーン。瀬奈さんがかっこいいのは当然として、城咲さんがスター性抜群と感じました。

Photo←今公演のシナリオの写真を撮らせていただきました  

プチ・ミュージアムは舞台装置の仕掛けについての解説と、「ME & MY GIRL」の衣装・小道具等の展示。体験コーナーのビアマグがかなり軽くて・・・舞台の小道具だから当たり前かもしれませんが、実際に持ってみないとわかりませんから・・・そんなことを知ることが出来るのもこの展示場のささやかな楽しみですね。

 

 

|

« 京都劇場「ブラックコメディ」 | トップページ | こんにゃく座「ピノッキオ」 »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚「夢の浮橋」「Apassionado!!」:

« 京都劇場「ブラックコメディ」 | トップページ | こんにゃく座「ピノッキオ」 »