« 「サミット・オブ・マンガ展」 | トップページ | 劇団四季「むかしむかしゾウがきた」 »

2008年10月18日 (土)

「読む、見る、遊ぶ源氏物語の世界」展

 マンガミュージアム・TAWAWAの次は京都文化博物館へ。

 本館に行く前に、別館ホールで「源氏物語と『宝塚歌劇』の世界展」という展示を見ました。

昭和7年の「源氏物語」から2007年の「あさきゆめみしⅡ 」まで源氏物語を主題にした4公演の資料が展示してありました。昭和初期の公演や1981年代の「新源氏物語」などはポスターと少しの写真しかありませんでしたが、「あさきゆめみし」と「あさきゆめみしⅡ」はポロモーションビデオの上映からパネル・衣装の展示まで、宝塚大劇場のプチ・ミュージアムみたいな楽しさがありました。衣装は刻の霊のもので、春野寿美礼さんが着たものと真飛聖さんの着たものとを見比ることができました。次の月組の「夢の浮橋」のポスターも貼ってあり、瀬奈じゅんさんと霧矢大夢さんの気高いまでの美しさに、絶対観にいきたくなりました。

Photo

←チラシの写真です

読む、見る、遊ぶ源氏物語の世界~浮世絵から源氏意匠まで~」の会場に入る前に、「投扇興」を実際に楽しむことが出来るコーナーがあって、ちょうど人がいなかったこともあって、娘と何度も楽しみました。こんな珍しいことを体験できただけでもこの日の収穫は大きかった気がします。

 展示の方は、江戸時代における源氏物語の受容というか、源氏がいかに愛されて応用されていたかという展示でした。良家の子女だけでなく、花魁の持ち物として源氏箪笥があったり、袖珍本ならぬ、袖珍巻物の源氏物語があったり。さきほどの投扇興をはじめ、カルタや香道などの楽しみにも源氏がアレンジされていますし、多くの絵や意匠にも使われています。浮世絵や読本などに描かれる「源氏物語」は、むしろ「偽紫田舎源氏」が使われているように思える展示でした。髪型や衣装も近世風で。本家本元の「源氏物語」とはちょっと違っていましたが、江戸時代の人が源氏物語を楽しんだということが伝わってきました。

 常設展会場では「雅の継承-源氏物語絵巻に挑む-田中親美・川面義雄」展。田中親美氏が源氏物語絵巻を精緻な模写で復元したものと、川面義雄氏が、木版画で同じ徳川本を復元したものの展示です。田中親美氏の復元模写による平家納経や本願寺三十六人歌集などもありました。製作過程の説明を読むにつけても、気の遠くなるほど細かな作業の連続で、このような難事業を成し遂げた方々には感心するばかりです。「木版画源氏物語 試摺プロジェクト」の展示では、「東屋」(一)の段で、絵に20枚、詞書に10枚の版木で摺ったものが展示されており、ほんの少しずつ色味が加えられていく様子に驚嘆しました。

|

« 「サミット・オブ・マンガ展」 | トップページ | 劇団四季「むかしむかしゾウがきた」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「読む、見る、遊ぶ源氏物語の世界」展:

« 「サミット・オブ・マンガ展」 | トップページ | 劇団四季「むかしむかしゾウがきた」 »