« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月16日 (火)

映画「ダイブ!!」

 いつも同じことを書いていますが、 忙しいです。書くことは好きなのでブログを書くのも楽しいのですがつい熱中して書いてしまって、時間がかかり文章はくどすぎてしまう・・・。そして余計に忙しくなる・・・という悪循環です。気づけば8月17日から9月16日までの1ヶ月間で今日もあわせて4回しか書けていません。本や漫画は読むのに書くのが追いつかないので、いつかまとめて表にでもしようと思っているのですが・・・せめて映画と劇ぐらいは感想を書き続けていきたいと思っています。

 で、1ヶ月もさかのぼった7月に観た映画の感想を思い出があやふやになりつつも書こうと思います。(以下敬称略)

 ダイブ!! 通常版/林遣都[DVD]熊澤尚人監督・林遣都主演「DIVE!! ダイブ!!」・・・直木賞作家・森絵都の青春スポ根小説の映画化です。

 現在パラリンピックが行われている北京。1ヶ月前はいろいろな問題を秘めながら、あるいは露わにしながらオリンピックが開催されていました。北京オリンピックについては、関西在住の私は、もしこのオリンピックが大阪で行われていたら・・・ということを想像せずにはおれませんでしたが・・・・。また、日本人選手の期待どおりのor期待以上の活躍、あるいは期待はずれな結果・・・きっとJOCとしてもいろいろな総括があることだろうと思いますそれはともあれ、飛び込みという種目でこの北京オリンピックを目指す若者たちを描いたのが「DIVE!!」です。観にいったのは7月半ば。北京オリンピック3m.飛板飛込11位の寺内健も、飛込みの第一人者寺本健太郎役で特別出演していました。私は原作&原作者の作品が大好きなので、とにもかくにも観にいったのですが、映画館は私のような原作好きのおばちゃんor親子連れと、明らかに出演者のファンでしかないチャラチャラしたお嬢さん方(一組は大きな声でご贔屓役者の名前を連呼し、館内が空いているせいか、上映中もごそごそ動き回るし足は前の席の背もたれに上げているし・・・鑑賞態度がメチャ悪かった)の2層に分かれていて、しかも人数が少なかったので、はじめから当てが外れた感じでした。

 主人公の坂井知季には、「バッテリー 」の巧役の好演も記憶に新しい林遣都。彼の先輩、サラブレッド型天才でダイビングクラブのエースである富士谷要一に「夜のピクニック 」で主人公の親友弟役が印象的な池松壮亮。津軽の断崖を飛び込んで鍛えた沖津飛沫に溝端淳平・・・、そして彼らが所属するダイビングクラブの少年たちにもイケメン役者というかイケメン・ボーイズを揃え、3ヶ月にわたる合宿訓練でダイバーらしいたくましい筋肉を鍛えたそうです。脇役の豊かさやロケの様子を見ても製作に力が入っていることは確かだと思いました。若い人には面白い映画だと思うし、テーマから考えても、学校等の映画鑑賞教室などにも推薦できる作品だと思います。

 でも、原作ファンの私にはかなり期待はずれ。実際に飛び込む様子を目の当たりに出来ること、断崖の迫力などは、当然活字は映像に一歩も二歩も譲るわけですが、ストーリーの展開は・・・映画ではかなりムリムリ。原作の冒頭から目指すシドニー五輪までの時間に比べ、映画の冒頭から北京五輪代表選考会までの時間が短すぎるためか、少年たちの成長の過程の描き方がすごく浅く感じます。

 だめだめ知季がすごい選手になるまでの期間が、いかに「ダイヤモンドの瞳」(驚異的な動体視力)を見いだされたと言っても、短すぎて共感しにくく感じます。要一の年齢と選手としての大きさの差が描かれていないのも不満です。飛沫の苦悩が映画ではしっかり描かれていないので津軽での恭子との生活が、他の高校生たちと比べて浮いてしまっている気がします・・・。イケメンの若手男優を揃えただけの軽い映画になってしまっているように思えました。

2008年11月07日発売ダイブ!! 特別版【初回限定生産2枚組】 2008年11月07日発売ダイブ!! 特別版【初回限定生産2枚組】

販売元:Forest Plus by KINOKUNIYA
楽天市場で詳細を確認する

 原作をまだお読みでない方はぜひご一読をオススメします。もともと児童文学(YA文学)として書かれているのでとっても読みやすいです。著者自身「スポ根」といいつつも細かい心の襞も丁寧に描かれていて、文芸作品として優れていると思います。これからDVDも観ようと思っていらっしゃる方々は、順番としてはDVDを観てから原作を読まれることをオススメします。

 

Dive!!(上) Dive!!(上)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

Dive!!(下) Dive!!(下)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

京都劇場「赤毛のアン」

 京都劇場に劇団四季ミュージカル「赤毛のアン」を観に行ってきました。しばらく劇場へはご無沙汰だったので約40日ぶりの観劇です。

Photo ←京都駅ビル・コンコースの看板です。

 『赤毛のアン』といえば、子どもの頃から大好きな原作だけにワクワクワクです。劇場前に着くと、更に気分を盛り上げてくれるようなものが設置されていました。グリーン・ゲイブルズの切妻屋根の窓を模した記念撮影場所です。もちろん、娘に中に入ってもらって、ポスターのアンと同じポーズで撮影をしました。私も大好きなアンと同じようにお下げにして、エプロンドレスかパフスリーブを着てPhoto写真を撮りたい!と思いました・・・あとせめて15歳若ければ!!!

 幕が上がりしばらくしてマシュウとアンが駅で出会うシーンになるや、すでに私の目からは涙・涙・・・。あまりにもよく知ったストーリーだけに、日下さんと吉沢さんのことば一つにも、私なりの、アンシリーズをはじめとしたモンゴメリ作品への思い入れが胸を去来して、最初からテンション高く感動してしまいました。以降、第二幕の幕が降りるまで目が潤みっぱなしでした。大体♪だから私でいい♪と歌い上げる『私は私で良かった』ってすご~く含蓄のある歌詞ですよね・・・。特にコンプレックスいっぱいの人間にとっては。とても励まされます。

 同行の娘もとても感動していましたので、このミュージカルは原作への思い入れの有無に関わらず、観客の心の琴線にふれるすばらしい作品だと思いますが、とにかく私は人一倍このミュージカル作品を楽しみ、感動を持って観劇できたと思います。 

 この日のキャストは下記のとおり。奇しくも昨年の9月公演「二人のロッテ」と同じ吉沢梨恵さんが主演です。親友・ダイアナ役の五十嵐さんもルイーゼの役で「ロッテ」に出ていたし、9月の京都劇場は2年続きで吉沢・五十嵐コンビの可愛らしさに魅了されている気がします。五十嵐可絵さんのピンクの衣装のダイアナも愛らしいんですけど特に吉沢さんは本当にアン役にぴったり。はつらつとした明るさ。夢見がちな可憐さ。かんしゃくと裏腹のいじらしさ・・・。話す声も歌もワタシが採点するなら5段階評価で5をつけます。ミーガン・フォローズの向こうを張っても十分イケル!と思いました・・・と言ったら言いすぎでしょうか???

赤毛のアン9月13日マチネのキャスト(敬称略)
アン・シャーリー  吉沢梨絵
マシュー・カスバート 日下武史
マリラ・カスバート 木村不時子
ステイシー先生/
スローン夫人
江寿多知恵
ギルバート・ブライス 望月龍平
ダイアナ・バリー 五十嵐可絵
レイチェル・リンド夫人 秋山知子
バリー夫人  大橋伸予
スペンサー夫人/
パイ夫人
あべゆき
ブルーエット夫人 高島田 薫
ジョシー・パイ 関根麻帆
プリシー/店員ルシラ 鈴木由佳乃
マクファーソン夫人 村瀬歩美
フィリップス先生 鈴木 周
郵便配達アール
/チャーリー
布施陽由
農夫セシル 塩地 仁
牧師/駅長  川辺将大
ベル 成松 藍
ティリー  谷口あかり
ルビー チョ ウンヒ
キット 二見隆介
ジェリー 高橋 徹
ムーディー 西村侑剛
トミー 鈴木智之

 日下武史さん、木村不時子さんの大ベテランはマシュウ・マリラという愛情表現に不器用な老兄妹を、細やかで胸に迫る演技で見せてくれました。流石と言うしかない的確な演技で・・・日下さんの演じる、無口なマシュウがことばに詰まるところなんて、はじめ、あまりにも真に迫りすぎて日下さんご自身が台詞に詰まったのかと一瞬錯覚しそうになったぐらいです。

 ギルバートの望月龍平さん、先月のベルナルドとはうって変わった紅顔の美少年役です。表情や声も全く違います。まぁまぁの好演です。が、欲を言えばダンスのキレのすばらしさに比して歌声はまだ発展途上なのかな??下手とも思いませんが・・・。石井雅登さんの歌で聞いてみたいような気が・・・ 

 男の子役の方々はフレッシュな感じ。若さあふれたダンスが目を引きます。女の子役の方々は、マジョリンも可愛かった関根麻帆さんをはじめ、小さくてかわいい方々を集めたという感じです。この前までウェストサイド物語のロザリアで活躍されていた鈴木由佳乃さんが最上級生のプリシーと街の雑貨店の店員の二役を演じ分けておられます。ぼんやり者の私は最初気づきませんでした。

 ステイシー先生役の江寿田知恵さんは、最初のシーンで婦人慈善会のスローン婦人として出てこられた時から客席への目配りが他の方とまったく違っていて目立つ感じ。たくさんのご婦人方の中でも一番上手がわにおられるのですが、下手からでもつい目が行ってしまいます。原作のステイシー先生はアンにとっても「腹心の友」・すばらしい先生なのですが、読者である私たちにとってもステキな大人、大好きな登場人物です。江寿田さんのステイシー先生は少女たちが憧れる有能な先生を体現しておられたと思います。歌声も力強かったし、これまでは知らなかったのですが好きな俳優さんの一人になりました。

 実はわたしはガミガミ屋のリンドおばさんが大好き。小さいころに読んだ抄訳版ではあまり好きになれない人だったのですが、少し大きくなってから読んだ新潮文庫版のシリーズでは、実はとても人間味あふれる人だということがわかりました。自分がおばさんになるにつれ、どんどん親和性を感じてきます。秋山知子さん(どうしてもマダム・ジリーに見えてしまう)のリンド婦人も、やかまし屋だけど昔馴染みの隣人・マシュウとマリラを深く愛し心配している様子が良く伝わってきたと思います。

 原作ファンとして満足のいく内容・キャストで観ることができました。良かった。映画「赤毛のアン」やTVドラマ「アヴォンリーへの道」ももう一度観たくなりましたし、実は帰りに松本侑子翻訳版の「赤毛のアン」「アンの青春」も買ってしまいました。新潮文庫版と読み比べようと思って。

 だけど、今回もまたケータイの着信音が響いていました。着メロではなくて普通の呼び出し音だっただけまだましでしたけど。結構前方だったので、きっと観劇に慣れてるはずの人なのでは??と推測するんですけどね(;一_一)

 ところで、第一幕の終わりはアンにとっての初めてのピクニック。里子としてや孤児院で恵まれない生活をしてきたアンはピクニックに行ったこともなければアイスクリームを食べたこともありません。アイスクリームへの憧れを歌う「アイスクリーム」で♪アイスクリーム とてもすてきなものよ♪と子どもたちが歌い踊るのですが・・・見ている私たちもアイスを食べたくなってきます。また上手なことに、売店で特製アイスが売ってあるんです。Photo_2ウェハースの代わりに抹茶八ツ橋がついたアイスがこんなに可愛い看板で。もちろんおいしく食べました。ほんのりメープルシロップ味がよかったです。幕間の楽しみにオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

宮尾登美子著『天璋院篤姫』上・下

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫 (み9-7)) Book 新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫 (み9-7))

著者:宮尾 登美子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8) 新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

著者:宮尾 登美子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『天璋院篤姫』 上・下 宮尾登美子著

 毎日曜日楽しみに観ているNHKドラマ「篤姫」も佳境にさしかかり、史実をある程度知ってはいるものの、やはりストーリーのこの先が気になりますので、ついに原作を読んでみました。原作とドラマは大体において別物であることは承知していますが、この作品の場合は原作の長さに比して、大河ドラマの時間数が長いので、ドラマの方にたくさんのエピソードが挿入され、登場人物それぞれの個性や思いもドラマのほうが色濃くなっている気がします。たとえば、大河ドラマではもう一人の主人公とも言える小松帯刀が原作には登場しないことは、ドラマが始まる前の宣伝の段階でも、製作者側がはっきりと述べていましたが、今回原作を読んで、小松帯刀どころか薩摩の侍たち、あるいは薩摩藩の事情のほとんどが登場しないと言っても差し支えないほどだということも分かりました。
 ですから、ほぼ篤姫の周りの出来事のみ描かれている小説の方は、いやにあっさりと読めました。ドラマのイメージはぬぐいがたく、小説を読んでいる間中、宮崎あおいさんが天璋院として私の頭の中で活躍していたので、新政府になっての西郷との面談が初対面・・・だとか言うシーンには頭の中の映像が戸惑ったりしましたが。
 著者は、皇女和宮について書いたものをいろいろ読むうちに、徳川からいじめられたというようなことが書いてあるけれども、では姑である天璋院の立場から見たらどうだったのかという思いで、篤姫についての資料を集めはじめ、この小説を書き始めた由、なるほどと思いました。私自身、まったく知らなかった篤姫の生涯にこの大河ドラマで興味を覚えましたし、小説版ももちろん興味深く、面白く、彼女の最期とその遺訓まで読みました。巻末の綱渕謙錠氏との対談も興味深く読みました。和宮についてはその昔わたなべまさこさんのマンガ(「落葉の舞 皇女和宮物語」)で読んで、有栖川宮熾仁との悲恋や不本意な結婚という悲劇のヒロイン的なイメージを刷り込まれているので・・・、別の視点でみることの重要さ、面白さをあらためて知った気がします。まさにTVで篤姫が言うところの「一方を聞いて沙汰するな」ですね。和宮についても30年以上前の、子どものときに読んだマンガの記憶と、あとは幕末を描いた本やドラマにちょっと出てくるのを見聞きする程度の知識しかありません。宮尾さんが書いておられるように「歴史に女の実績をほとんど記していない日本の男社会の中で、女がいかに無視されていたか」ということを私もしみじみ感じます。この稀有な体験をした二人の女性のことを、もっと詳しく知りたくなりました。

篤姫(前編) 篤姫(前編)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

篤姫(後編) 篤姫(後編)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

天璋院篤姫(上)新装版 天璋院篤姫(上)新装版

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

天璋院篤姫(下)新装版 天璋院篤姫(下)新装版

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夜を守る』 石田衣良著 双葉社

夜を守る 夜を守る

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 「今度の舞台はアメ横だ!」と帯にありますが、「池袋ウェストゲートパーク」の著者が、東京・上野のアメ横商店街を舞台に描く青春(といっても、10代ではなく20代後半の)小説です。
 story:フリーターの繁、区役所職員のヤクショこと要、家業の古着屋を手伝うサモハンこと直明の3人は幼馴染の同級生。毎晩のようにアメ横の定食屋で集まっては飲んでいます。このところ、近くの障害者施設のユキオが3人に付きまとっています。3人は以前ユキオが中学生に絡まれていたのを助けたことがあり、それから、ユキオは仲間に入れてほしいと3人に頼んでいるのです。わずらわしく思った繁はユキオに「今晩中にアメ横にある放置自転車をすべて片付けてみろ」という難題を吹っかけます。そのとき繁の頭には夕刻出会ったある老人のことがありました。その老人はガードしたにぎっちり群がる自転車の山を整理しながら、繁に声をかけてきたのです「あんた四年前の十二月十二日、夜の十時になにをしていたかな」。
 ユキオのことなど忘れてしまっていた3人は、ゲームセンターから帰りがけに、ユキオと件の老人・増井が白い息を吐きながら自転車を整理しているのに気づきます。増井老人は4年前にこの路上で息子を殺した犯人を捜していたのです。その日から3人+ユキオはアメ横のガーディアンエンジェルとしての活動をはじめることになります。夜の街をパトロールし、放置自転車を片付け・・・。

 物語はガーディアンになるきっかけを描くプロローグと、6つの小さな謎や事件(4人がいなければ大ごとになりそうだったものも含め)と、増井の息子の死の真相が明らかになる最終章で成り立っています。ミステリ的要素とともに主人公たち4人組の成長小説ともなっています。「いまどきの若者は・・・」というのは常套句ですが、「いまどきの若者たち」はいつの世も自分をもっと成長させたくて足掻いているものなのでしょう。何かのきっかけがあったら思いもよらないすばらしい力を発揮してくれるものなのかもしれません。
 起こる事件はゴミ屋敷あり、DVあり現代社会を反映したもので、こういう解釈・解決の仕方もあるんだと感心したりします。
 小説としてかなり面白く読めました。人物造形も型にはまっているようで、はまっていないのがよいところだと思います。最終章もまさに大団円。ホッと良い気分になって読了できる小説です。
 しかし、私は頭が固いのか、ヤクザがらみの話はどうも好きになれません。IWGPなども、主人公の生き方はまっとうなものだと思うし、ストーリーも面白いのだけれど、どうしても裏社会との絡みが気になるのです。もちろん作者がそういった世の中の後ろ暗い部分を礼賛しているのではないことはよくわかっていますが、たとえば永沢のような存在を若い読者がどう捕らえるのかが気になるところです。

 この作品も映像化されそうな雰囲気を持っていますね。

夜を守る 夜を守る

著者:石田 衣良
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ところで・・・、この本の167ページの5行目、「リサはきかなくて」とあるのは、「ミサ」の間違いですよね。リサがミサを心配して探す物語なのだから・・・。出版社or印刷会社の誤植?あるいは著者・編集者の勘違い?私の持っている本は第一刷なんだけど、いまはもう直っているのかしら??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »