« 「ザ・マジックアワー」 | トップページ | 映画「奇跡のシンフォニー」 »

2008年7月16日 (水)

『血と砂~愛と死のアラビア』サトクリフ著

 宝塚・花組のミュージカル「愛と死のアラビア」の原作です。(このミュージカルの感想はここここに書いてあります)ミュージカルが面白かったので観劇してからすぐ読みました(感想を書くのは時間が空いてしまいましたが)。

血と砂 上―愛と死のアラビア (1) 『血と砂~愛と死のアラビア~』上・下 ローズマリー・サトクリフ著 原書房刊。サトクリフといえばスコットランド・ケルト関係のYA向け歴史・時代小説の名手としてつとに有名ですが、私はちょっと苦手で、いろいろな本を読みかけては挫折していました。、翻訳の文体のせいかもしれませんが・・・。でも、今回は夢中になってわくわくハラハラドキドキしながら読めました。ミュージカルのストーリーは原作の三分の一ほどでしょうか。・・・じつはあのあとにさらに波瀾万丈の冒険譚が繰り広げられるのです。
 ミュージカルに興味のない人も読んでくださっているかもしれないので、舞台とは離れて本の紹介を。

血と砂(上) 血と砂(上)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


血と砂(下) 血と砂(下)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 「アラビアのロレンス」の時代をさかのぼること一世紀。1807年から物語は始まります。イギリスのオスマン・トルコ侵攻に参戦した、スコットランド高地78連隊に所属する20歳のトマス・キースが主人公です。トマスは実在の人物で、フランス陸軍で鍛えられた祖父の薫陶と鉄砲鍛治の修行により、剣も馬も銃も、部隊でも有数の使い手でしたが、負傷して捕虜となり、やがてエジプト太守ムハンマド・アリーにベドウィン兵の訓練将校として仕えることになります。トマスは、オスマン・トルコ軍の将校などアラビア人たちとともに戦い、親交を結びますが、とりわけザイド・イブ・フセインという非正規軍の隊長とムハンマド・アリーの次男トゥスンとは深い友情で結ばれます。ザイドにアラビア語やコーランについて学んでいたトマスはある日砂漠でキリスト教もイスラム教も、結局神はひとりなのだと悟り、改宗してアラビア人になりきる道を選びますが・・・。
 上下巻合わせて600ページを超える長編小説で、まさに「事実は小説よりも奇なり」のドラマティックな物語ですが、トマスのアラビアでの人生はわずか8年。8年の間に、いかに19世紀初頭の動乱の只中にあったとはいえ、普通の男が何年もの人生経験にはるかに倍する経験をして、異国に若き命を散らしたトマス。故郷を出奔し、捕虜になり、戦士として活躍し、友情を育み、改宗し、馬盗人を捕らえ、エジプト軍で活躍し、マルムーク人と決闘し、死刑を宣告され、太守の娘に言い寄られ、断ったことで彼女の恨みを買い、先の決闘の逆恨みも合わせて夜襲に遭い、たったひとりで8人の刺客を討ち果たして・・・そこまででもまだ上巻のみ。エジプトからアラビアへ遠征し、トゥスンを助けて城市攻略の闘いに挑むのが下巻。若くしてイスラムの重要な都市メディナの総督にも任命されます。最期はトゥスンを助けてのワッハーブ派との戦いです。下巻は特に舞台化しにくいストーリーですね。日本ではともかく、改宗の解釈など宗教的な絡みが欧米や中東では難しいかもしれませんが、ぜひ映画化してほしい。「アラビアのロレンス」を越える超大作歴史映画として観てみたいです。

 宝塚花組のミュージカル「愛と死のアラビア」では「ロッホ・ローモンド」と「スコットランドの釣鐘草(美しき)」の2曲のスコットランド民謡が効果的に使われていましたが、小説ではトマスの歌うスコットランドの伝統的な歌として、「乳兄弟」という詩が、載っています。この曲、本当にあるのなら聞いてみたいです。

   またミュージカル「愛と死のアラビア」の話に戻って・・・Le Cing (ル・サンク) 2008年 06月号 [雑誌] 」買ったんですが、とっても残念なことにシナリオが掲載されていませんでした。原作とあわせて細かいところをチェックしたかったのですが・・・、まぁしかたがありません。「歌劇7月号」の楽屋取材も原作を読んだ後に読むと、舞台だけの印象で読むより深く楽しめる気がします。同誌のスタッフルームでも原作との違いを製作者側(谷正純氏)が、小説との違いに少し触れていますが、読書好きの私としては、特に原作のある作品については、こういう製作意図のような記事がもっと充実しているとうれしいな。

Le Cing (ル・サンク) 2008年 06月号 [雑誌] Book Le Cing (ル・サンク) 2008年 06月号 [雑誌]

販売元:阪急コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

歌劇 2008年 07月号 [雑誌] 歌劇 2008年 07月号 [雑誌]

販売元:阪急コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 TCAの音楽配信により楽曲もGETして聴いています。アラビア的な旋律のつもりなのか半音が多用されている曲(「黄金の砂漠」「砂漠に舞う異国のハヤブサ」「砂漠の赤い月」等・・・歌いにくそう)もあるかと思えば、「ベドウィン・砂漠の民」なんて日本民謡風。音楽だけ聴くのもなかなか楽しい曲想の流れですね。でもちょっと物足りない。大作ミュージカルだけではなく一幕もののオリジナルミュージカルも全編せりふ入りのライブCDでの発売または音楽配信してほしいな、と思います。。

|

« 「ザ・マジックアワー」 | トップページ | 映画「奇跡のシンフォニー」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『血と砂~愛と死のアラビア』サトクリフ著:

« 「ザ・マジックアワー」 | トップページ | 映画「奇跡のシンフォニー」 »