« 映画「つぐない」 | トップページ | 「ジャンパー」・・・映画と原作 »

2008年6月22日 (日)

映画「紀元前1万年」

紀元前1万年(10,000 B.C.) オリジナルポスター観たのは春休みですが・・・感想書くのを忘れていました。

ローランド・エメリッヒ監督・脚本・製作の映画「紀元前1万年」。ジーン・アウル著『大地の子エイラ』(「始原への旅立ち」シリーズとしてかつては評論社から出版、現在は「エイラー地上の旅人」シリーズとして集英社から刊行中)のシリーズや、スーハリソン著「アリューシャン黙示録」シリーズ」 (『母なる大地父なる空 上 ・下』など、晶文社刊)などアメリカの先史時代小説が大好きな私、予告編でマンモスやサーベルタイガーと人間が対峙するシーンを観てワクワク。

 映画は、先史時代を舞台にした冒険活劇+SF的要素という感じで、「誰も見たことのない世界は[過去](紀元前1万年というルビ)にあった」というコピーがうなずけました。残念ながら私の周りでは「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」ほどの話題にはなっていませんでしたが、私は大満足。大いに楽しみました。主人公の成長が如実に描かれ、るストーリー、リアルな古代生物にスペクタクルな映像、すばらしい想像の翼にのって、上映中1分たりともこの映画以外のことが頭に入り込む余地がありませんでした。

 Story:氷河期を思わせる雪深い山に狩猟民族のヤガル族の村があった。優れたマンモスハンターと預言者である巫母が村を治めていた。巫母は「四本脚の悪魔」が村を襲い、青い目の娘とその夫となる勇者が村を救うという予言をした。「四本脚の悪魔」に滅ぼされた他部族たった一人の生き残りとして狩人に女の赤ちゃんが拾われて来たとき、この子こそ予言の子だとさとった巫母は自ら引き取ってエバレットと名づけ育てる。幼いデレーの父は村の部族長だったが、村を救うため親友のティクティク(クリフ・カーティス)にだけ別れを告げ、部族長の印たる白い杖を託して旅立つ。父の旅立ちの理由は秘されていたため、デレーは裏切り者の子としてつまはじきにされながら育つが、孤児のエバレットとは温かい心を通わせあい、いつしか将来を誓い合う仲となる。ティクティクと巫母はデレーの成長を見守っている。長じたデレー(スティーブン・ストレイト)は同世代のリーダー的存在カレンたちとマンモス狩りに出かける。これは次代の部族長を選ぶ儀式でもあった。壮絶な狩の中活躍したのはカレンたちであり、デレーの技術や勇気が特に優れていたわけではなかったが、偶然にもマンモスをしとめることになったのはデレーだった。・・・。そんな中謎の騎馬民族「四本脚の悪魔」たちがヤガルの村を焼き討ち、抵抗するものは殺しながら村人たちをさらって行った。美しく成長したエバレット(カミーラ・ベル)もさらわれた。デレー・ティクティク・カレン・バク(デレーを兄のように慕う少年)たちは、村人たちを奪還するために「四本脚の悪魔」を追跡する・・・。(ここまでがプロローグ・・・)。デレーたちは無事村人たちを救い、帰ってくることが出来るのか?デレーは部族長にふさわしい狩人になれるのか?村を救うために出て行ったはずのデレーの父親はどうなったのか?デレーとエバレットは結ばれるのか?「四本脚の悪魔」の正体は???等々この後のストーリー展開は凄いです!

紀元前1万年/Harald Kloser & Thomas Wander この映画の舞台はどこなのでしょうか?俳優の皆さんが国際的なのでよけいに分かりにくいですが・・・。主人公・デレーの顔立ちと、雪景色に、最初はヨーロッパあたり・・・クロマニヨン人だと想定して観ていたのですが・・・。「四本脚の悪魔」もヨーロッパ系の騎馬民族っぽかったし。でも山を降りた温暖な平地に暮らすナク族はどう見てもアフリカの民族。さらに「四本脚の悪魔」の本拠地の文明はまさにSF。パンフレットによれば特定の場所ではないが、アフリカを念頭においているらしい。撮影が行われたのはケープタウンやナミビアなどのアフリカ大陸各地とニュージーランドだということでした。

 最近の映画にはめずらしく、この「紀元前1万年」はノベライズされていません。わたしはぜひこのストーリーを小説で読みたいのですが!

|

« 映画「つぐない」 | トップページ | 「ジャンパー」・・・映画と原作 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「紀元前1万年」:

« 映画「つぐない」 | トップページ | 「ジャンパー」・・・映画と原作 »