« 「安野光雅繪本三國志」展 | トップページ | 『モップガール』 »

2008年5月 6日 (火)

「源氏物語千年紀展」「暁斎漫画展」「ベトナム反戦ポスター展」

今日(あぁ・・もう昨日でした。5月5日のことです)は、半日かけて3つの展覧会をはしごしてきました。

Dscf0290←多田ヒロシさんの作品が配されているチラシです。このコウノトリのインパクトで今回の特別展に出かけていこうという気になりました。まずは立命館大学国際平和ミュージアムの「ベトナム反戦ポスター展」へ。阪急西院駅を降りたらすぐにバスが来ると思っていたところ、休日のためか205番の本数が少ない!家を出るときにもバスを乗り逃がしたし、ちょっと出鼻をくじかれました。衣笠校前で降りて衣笠キャンパスに入るも、ミュージアムらしき建物はなし。構内案内図を見てもわかりません。体育館周辺までウロウロしていたところ、守衛さんがいらっしゃったので伺うと、ミュージアムはキャンパスの外にあるとのこと。地の利があると思って下調べをしてこなかった私の大失敗です。国際平和ミュージアムは小松原郵便局から少し北、馬代通りに面したところにありました。なんや~、あんなに歩かんでもよかったんやん。・・・それはともあれ、初めて行った国際平和ミュージアム。エントランスから地下展示場への階段のところには、昔は図書館にあったなつかしいわだつみの像がありました。常設展は後回しにして、まずはお目当ての「ベトナム反戦ポスター展」へ。ベトナム戦争は、ベトナムの独立と南北統一をめぐって1960年から1975年まで続いた、アメリカとベトナム人民との戦争です。第2次世界大戦の2倍を超える爆弾や化学兵器が使われ(枯葉剤:ダイオキシンの被害はべトちゃん・ドクちゃんの例を挙げるまでもなく有名ですね)、6万人近い米軍兵士 と100万人以上のベトナム人の命が失われたそうです。ちょうど私の幼少期、日本でもベトナム戦争のことが報道されたり、子どもの読み物の中にもそれを反映した作品が登場したりして、子ども心に戦争の恐ろしさを刻み付けられていました。今回の展覧会は、1967年、日本のアーティストたちがベトナム反戦を野外ポスター展という形で発したものを集めたものだそうです。ポスターの中には作者不詳のものもたくさんありましたが、チラシに使われている多田ヒロシさんの作品をはじめ、いわさきちひろ・井上洋介・今江祥智・杉浦繁茂・田島征三・長新太・西村繁男・和田誠(以上敬称略)など、子どもにも絵本等でおなじみの方々の作品が多数ありました。中でも私とこどもの目を引いたのは、やはり手塚治虫氏の作品でした。画面の右上の方にウルトラマン・ウルトラセブン・大魔神・ビッグX・マグマ大使などが黒い線と臙脂色の彩色のみで描かれ、下のほうにベトナムの子どもが二人掘っ立て小屋の前で困り顔をしている絵に「なぜ、日本のおとなは正義の味方をあんなに作ってるのに ベトナムにはちっともおくってぅれないのだろう?」という詞書が添えられたものです。常設展の方は想像以上にぎっしり豊かな内容で時間のあるときにもう一度ゆっくり見なくてはと思わされました。

Dscf0286 ←チラシと入場券です。 次に昼食をとった後、京都国際マンガミュージアムへ。今日は連休中とあって満員です。こいのぼりを描くイベントなどもやっていてみんな楽しそう。数え切れないぐらいのマンガを読むためだけに一度はゆっくり来たいと思いつつも、今日もそんなにゆっくりする時間はありません。特別展「暁斎漫画展」も大して期待をせずに行ったのですが・・・河鍋暁斎という人のことを全く知らなかった自分の不明を恥じました。天保年間に生まれて明治の半ばまで生きていた人らしいのですが、もともとは歌川国芳の弟子だったそうです。江戸時代の浮世絵風の戯画から明治時代の風刺画まで、とても可笑しい絵の数々・・・。骸骨が歌い踊る絵や、妖怪・つくも神などの絵にも見入ってしまいます。骸骨の絵はたくさんあるのですが、骨格を正確に捉えているのだそうです。新たな鳥獣戯画というべきかえるや狸や狐や猫たちの絵もあります。象の写生もあります。福沢諭吉を揶揄した絵もあります。細かい絵をじっくり見ていくと、小さな展示スペースの割には結構時間がかかりました。私が一番気に入ったのは明治の妖怪画。河童が学校で「しりこだま」「きうり」などのローマ字を習っているのには、思わず吹き出しました。京都国立博物館でも今河鍋暁斎の特別展実施中らしいです。

河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手 (別冊太陽) Book 河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手 (別冊太陽)

販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Dscf0284 ←図録とチラシです最後は京都文化博物館へ「源氏物語千年紀展」です。色々な時代の写本と絵巻物、画帖・絵詞、屏風など見応えもたっぷり、量もたくさん。近現代のものや海外の翻訳書、大和和紀の『あさきゆめみし』の美しい原画もありました。紫式部日記はもちろん、小右記や栄華物語、長恨歌などの写本、藤原道長自筆の御堂関白記などもあり、軽々しくはしごしてみるべき展覧会ではなかったなぁ・・・。もっとゆっくりと一人で(または源氏について語り合える友達と)見たかったとちょっと後悔。子どもは「あさきゆめみし」を舞台でも観てマンガでも読んだはずなのに、ちっとも覚えていないというし・・・。絵巻物にかかる金泥の雲、いわゆる「源氏雲」について説明できたのが収穫というところでしょうか・・・。分厚い図録を見て家で一人で楽しむことにします。

|

« 「安野光雅繪本三國志」展 | トップページ | 『モップガール』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語千年紀展」「暁斎漫画展」「ベトナム反戦ポスター展」:

« 「安野光雅繪本三國志」展 | トップページ | 『モップガール』 »