« 小説のコミック化・・・ | トップページ | 『図書館員』 »

2008年4月21日 (月)

映画「ライラの冒険」 

 先行上映で観にいったので、もう1ヶ月近くたってしまって記憶もあいまいになってきましたが、独特の世界観がとっても興味深いファンタジー映画「ライラの冒険;黄金の羅針盤」 、めっちゃお薦めの映画でした。この映画を観たあと、すぐに記事を書こうとしたのですが、とんでもなく熱く長く語ってしまいそうで・・・。忙しかったこともあり、冷却期間をおくことにしました。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』おすぎが徹底ナビゲート特番
配給ギャガ・コミュニケーションズ×松竹共同配給
提供:@niftyコンテンツ
 まぁ、私はいくつになってもファンタジーや児童文学が大好きな人間ですが、普通に大人の鑑賞に堪える映画だと思います。白熊に乗った少女のポスターだけ見ていると、食わず嫌いする大人もいそうですが、子どもだけに見せておくのはもったいないですよ。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』来日記者会見
配給ギャガ・コミュニケーションズ×松竹共同配給
提供:@niftyコンテンツ

 私たちが生きているこの世界ととてもよく似た世界(平行世界=パラレルワールドという設定のようです)が舞台ですが、そこに住む人々には「ダイモン」と呼ばれる動物の姿をした守護精霊が一人に一匹ついています。大人のダイモンはその人の性格や社会的立場に合わせてその姿が決まっているのですが、未成熟な子どものダイモンはコロコロと姿が変わります。主人公ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)はとても活発できかん気、知恵のよく回る12歳の少女です。とてもお転婆ですが、友情に厚く、勇気勇気を持って物事に対処する能力を持っています。幼くして両親を亡くし、留守がちな叔父のアスリエル卿(ダニエル・クレイグ)に引き取られてオックスフォードの学寮で育ちます。ある日コールター夫人(ニコール・キッドマン)という謎の美女が現れ、ライラを冒険旅行に誘いますが・・・。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』ニコール・キッドマンインタビュー
配給ギャガ・コミュニケーションズ×松竹共同配給
提供:@niftyコンテンツ

 美しく、気品のある二コール・キッドマンの、優雅さから酷薄さへの豹変ぶり、悪役ぶりが見ものです。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』ダニエル・クレイグ インタビュー
配給ギャガ・コミュニケーションズ×松竹共同配給
提供:@niftyコンテンツ

 ダニエル・クレイグ・サム・エリオットなどベテラン俳優、大人の俳優たちの演技や作品・役柄の魅力はもちろんなのですが、主人公の少女ライラを演じるダコタ・ブルー・リチャーズの演技・表情もすばらしいです。 

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』ダコタ・ブルー・リチャーズ インタビュー
配給ギャガ・コミュニケーションズ×松竹共同配給
提供:@niftyコンテンツ

 まだあどけなさの残る笑顔から、口元をきりりと引き締め難局に立ち向かう強さを見せるところもすでに大女優の風格ありと見ました。この年頃の女の子はすぐに成長しちゃうんだけど、続く2作(この作品も3部作ですからね)の撮影は始まっているんでしょうか?続編の公開のときにあまりに印象が変わっていたりするといやだなぁ・・・。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』エヴァ・グリーン インタビュー
配給ギャガ・コミュニケーションズ×松竹共同配給
提供:@niftyコンテンツ

 ストーリーには色々な概念が盛り込まれています。ダストと呼ばれる粒子をはじめ、他のファンタジーには見られない、この作品独自の設定・世界観をどう表現するかが映像化のカギだったようですが、じっと画面に見入って、引き込まれていくばかりでした。ライラたちの深夜の逃避行、空を飛ぶ魔女族たち、氷原のよろい熊たち、狼をダイモンとする種族の兵士たちとの決戦・・・・。しかし、私が、これこそは活字より映像表現だ!と思ったのは実はスペクタクルシーンではなく、小さな「黄金の羅針盤」のしかけ。本でだけでは想像しにくい構造でした。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』クリス・ワイツ監督 インタビュー
配給ギャガ・コミュニケーションズ×松竹共同配給
提供:@niftyコンテンツ

 詳しく語りだすと、一晩中書いてもとまりそうにないのであと3点だけ。

 「教権:マジステリアム」と呼ばれる人たちについては、明らかにキリスト教会を揶揄しているように見えます。実際に原作へのカトリック教会からの批判もあるようですが・・・.そんな話を聞くと宗教に寛容な国・日本に生まれ育ち、フィクションを純粋にフィクションとして楽しむことが出来て良かったな、と思います。

 「ライラの冒険」の一番の魅力は、やはり少女が主人公であることでしょう。助けを待つお姫様ではなく、さらわれた友人を救い、騙された白熊を立ち直らせ、その敵と対峙する・・・騎士のような活躍をするのが、可愛い女の子。そして目下のところ最大の敵もやはり女性。ジプシャン族のおかあさんや魔女も印象的です。原作者も映画の監督も男性ですが、従来の型にはまった女性像でないところも良いです。

 見終わってすぐ、劇場パンフレットと共にムックも買いました。最近ヒットしそうな大型の映画作品にはほとんどこの手のムックが発売されますね・・・。とにかくなにごとも深めるのが好きな私はすぐに買ってしまうのですが・・・楽しいです。文字数の割にはちと高い気がしますが、インタビューや予告編の入ったDVDつきなので仕方がないのかな?そして帰宅して早速この本に載っているのと、公式HPに載っている「ダイモン占い」を娘たちと楽しみました。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤 パーフェクトガイド』 (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK) Book 『ライラの冒険 黄金の羅針盤 パーフェクトガイド』 (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)

著者:TOKYONEWS MOOK(テレビタロウ特別編集)
販売元:東京ニュース通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ストーリーについて、俳優たちについて、色々なシーンについて、映像のすばらしさについてなどなど語りたいことはいっぱいですが、今日はここまで

|

« 小説のコミック化・・・ | トップページ | 『図書館員』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ライラの冒険」 :

« 小説のコミック化・・・ | トップページ | 『図書館員』 »