« 『がばいばあちゃん 佐賀から広島へ めざせ甲子園』 島田洋七著 | トップページ | 映画「ヘアスプレー」とオフィシャルガイドブック »

2007年12月 8日 (土)

ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムver. 2回目観劇 ほか

 京都劇場の「ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン 」、今日が千Photo_27 秋楽ですねぇ・・・。ジャポネスクバージョンと共に先行予約したときには、こんなに何度も観たくなるとは思っていなかったので、とりあえず初日しかとっていなかったのですが・・・。あの時千秋楽もとっておけばよかったぁ(ノo`)と後悔中。よし、もう一度!って思い立ったときには平日ソワレの後ろのほうしか残っていませんでした。ってなわけで、12月初旬のある日早めに仕事を終えて出かけてまいりました。(写真は京都駅コンコースのものです)

 千秋楽のチケットが取れなかったのは残念でしたが、さすが最終週。なんだか客席がとても熱い。アンコールなども初日よりよほど盛り上がっていた気がします。アンコールの最後にみんながひけて行くとき柳瀬さんが下手の端に一人残って、ポーズをとられました。いやぁん、カッコイイ!大盛り上がり。そして静かにみんな帰途へ。

今回12月上旬ソワレのキャスト
ジ-ザス・クライスト       柳瀬大輔
イスカリオテのユダ       金森勝
(キムスンラ)
マグダラのマリア        西 珠美
カヤパ(大司教)         飯田洋輔
アンナス(カヤパの義父)    阿川建一郎
司祭                佐藤圭一  
田辺 容  
川原信弘
シモン(使徒)          本城裕二
ペテロ(使徒)          賀山祐介
ピラト(ローマの総督)      村 俊英
ヘロデ王             大塚 俊
   
【男性アンサンブル】 【女性アンサンブル】
岩城雄太 光川 愛
上出匡高 新子夏代
佐藤晃仁 金 寿恵
染矢 裕 倖田未稀
武智正光 金平真弥
松元 朋 松尾千歳
中村 伝 稲垣麻衣子
二見隆介 上條奈々
松尾 篤 小島由夏
鈴木 聡 大海しずか
森田利夫 伊月リナ
赤間清人 新井裕美
北村 毅  
斎藤准一郎  
竹内一樹  
西村侑剛  

 おりしもクリスマス間近。キリストの生涯を描く劇にぴったりの時期ですね。京都駅大階段の巨大ツリーもとても美しく、京都劇場への通路を照らすようです。Photo_3

  キャストは前回とほぼ同じですが、女性アンサンブルが2名入れ替わっていました。懐具合はなかなか許してくれないわけだけれど、同じ演目を複数回観ると、毎回新たな発見があっていいものです。単に私が迂闊なので、見逃す部分が多いだけかもしれませんが・・・。もう、私の迂闊なことといったら、たとえばCDでは鞭打ちの回数を英語で数えているのに、今回の舞台では日本語で数えているのに、今週の観劇で初めて気づいたぐらいです。なんてことでしょう(+。+)

 柳瀬さんのジーザスは本当に美丈夫です。ビーストやラウルの時の柳瀬さんとは面差しが変わったように感じるぐらいです。優しく群衆に対するときも、追い払ってしまうときも、御輿に担がれているときも、最後の晩餐も、ゲッセマネも、磔も・・・どの柳瀬さんもステキすぎます。でも、この劇の構成上、本当の主役はタイトルロールよりユダですよね(ちょうど「美女と野獣」を観てても、本当の主役はルミエールだと思えるようなもんかな?・・・ちょっとちがう?…)金森(キムスンラ)さんが出てくると、目はそこに吸い寄せられてしまいます。耳も・・・。あぁ、近くで観たい~っ!視力が悪いのが悲しい・・。もっと良いオペラグラスがほしいなぁ。

  ウェスト・サイド物語のあとぐらいにもう一度京都劇場で上演してほしいです。ってゆうか、土曜日千秋楽なら、日曜に追加公演をしてほしかった・・・。

  トコロデ「ペテロの否認」のマリアの歌「ペテロ、あの人は死ぬわ~、あなたのせいよ~」って何気にひどいとおもいませんか・・・?ペテロのせいってわけではないでしょうに・・・。ペテロはたしか「クオ・ヴァディス・ドミネ?(正しくはDomine, quo vadis?だそうですが)・・・主よ、どこに行かれるのですか?」の人ですよね・・・。20代半ばのころ、退職間近な職場の先輩に、「クオ・ヴァディス 」の映画と原作小説がいかにすばらしいか、傑作かを熱く語られ、速攻でレンタルビデオ店にいき、感動して、原作を図書館の文学全集で読んだことを思い出します。あの年配のペテロが、このペテロなんだと思ったら、20年ぶりに「クオ・ヴァディス」を観たり読んだりしたくなってしまいました。

 映画版もとっても好きなんですが、VTRの発売がなくなってから長いし、ここらでDVDとして発売してほしいなぁ・・。できれば舞台版も再発売を。。。。

↓これは映画版のサウンドトラックです。

ジーザス・クライスト・スーパースター ― オリジナル・サウンドトラック ジーザス・クライスト・スーパースター ― オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2002/05/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 話は変わって、昨日スポーツ紙に保坂知寿さんと石丸幹二さんの劇団四季退団が報じられたそうですね。退団理由、退団騒動の真相はホンマはどうなんでしょうか??二人とも劇団四季の中では屈指の才能と人気を誇る方がただっただけに、退団されることがとてもさびしいです。今月号の「ラ アルプ LA HARPE」にも、HP「四季の話題3」と同内容がそのまま載っていたわけですけれども、活字にして読んでみてもあまりにもひどい・・・。お二人とも体調はいかがなのでしょうか・・・。これからの活躍とご健康をかげながら応援するわけですが・・・。早く舞台に復帰してほしいですし、できれば映画やTVでもお姿を観ることができれば、とっても幸せ❤なのですが・・・。どんなもんなのでしょうね(×_×;)。

クオ・ヴァディス〈上〉 (福音館古典童話シリーズ) Book クオ・ヴァディス〈上〉 (福音館古典童話シリーズ)

著者:津田 櫓冬,ヘンリク シェンキェヴィッチ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クオ・ヴァディス〈下〉 (福音館古典童話シリーズ (37)) Book クオ・ヴァディス〈下〉 (福音館古典童話シリーズ (37))

著者:ヘンリク シェンキェヴィッチ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

岩波文庫版にしようかな・・・。

クオ・ワディス〈上〉 (岩波文庫) クオ・ワディス〈中〉 (岩波文庫) クオ・ワディス〈下〉 (岩波文庫)

DVD 世界名作映画全集94 クオ・ヴァディス

販売元:株式会社GPミュージアムソフト
発売日:2006/03/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD クオ・ヴァディス

販売元:PSG
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『がばいばあちゃん 佐賀から広島へ めざせ甲子園』 島田洋七著 | トップページ | 映画「ヘアスプレー」とオフィシャルガイドブック »

文化・芸術」カテゴリの記事

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

初めましてm(__)m
JCS京都公演、とうとう終わってしまいましたね。公演期間が短すぎて残念です。スンラさんユダ、本当に素晴らしい演技でした。えくれーる★さんの言われる”吸い寄せられる”とは、まさにその通りです。京都でのアンコール公演を熱望します!

投稿: さくり | 2007年12月 9日 (日) 02時01分

さくりさま。
ご訪問いただいてありがとうございます。
京都ではわりと不入りが続いたのでJCSも短めの設定だったんだと思いますが・・・。せめてエルサもジャポネと同じく4週間ぐらい公演してくれていたら・・・と思いますよね。

投稿: えくれーる | 2007年12月 9日 (日) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムver. 2回目観劇 ほか:

« 『がばいばあちゃん 佐賀から広島へ めざせ甲子園』 島田洋七著 | トップページ | 映画「ヘアスプレー」とオフィシャルガイドブック »