« 『パパとムスメの7日間』 | トップページ | 雪組「エリザベート」DVDほか・・・ »

2007年10月 7日 (日)

『幻月楼奇譚 2』

 何年前だったかなぁ・・・。文庫版で『百鬼夜行抄 (1) 』が出たとき、何の予備知識もなしに、単に和風の民俗的なお話(ただの怪談やホラーじゃなくて)らしいという思い込みだけで買ったんですよ。一読して絵も作中の雰囲気ももちろんストーリーも大好きだと思いました。面白くてのめりこみそうになりました。それから作者の今市子さんの、ほかの本も読んでいるんですが、東洋が舞台のものも、日本が舞台のものも、よやはり民間伝承的な雰囲気が漂っているのが面白いです。BL傾向の本は苦手なのでちょっとPASS。そういう意味では、この

『幻月楼奇譚 2』 今市子著 徳間書店 CHARA COMICS  という作品もビミョーなところがありますが、妖(あやかし)めいたディティール、不思議な魅力のキャラたち、ミステリ仕立てなのが面白いです

 老舗味噌屋のとぼけた若旦那・升一郎は、何でもできるが、何にもできない器用貧乏の典型。近所でも評判の「道楽息子」だが果たしてその実態は・・・。妓楼に通っていることは通っているのだが、目当ては変り種の幇間・与三郎。2巻の事件は幼馴染の女性の婚家でのごたごた、近くの大店の旦那の失踪事件、幼馴染の近所の店の若旦那たちとの遊郭通いとそれにまつわる事件等々・・・。私は若旦那のいとこの太郎さんが、鶴来屋のしっかり者の使用人の皆さんというキャラが好きです。

幻月楼奇譚 2 (2) (キャラコミックス) (キャラコミックス) Book 幻月楼奇譚 2 (2) (キャラコミックス) (キャラコミックス)

著者:今 市子
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

幻月楼奇譚 (キャラコミックス) Book 幻月楼奇譚 (キャラコミックス)

著者:今 市子
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『パパとムスメの7日間』 | トップページ | 雪組「エリザベート」DVDほか・・・ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『幻月楼奇譚 2』:

« 『パパとムスメの7日間』 | トップページ | 雪組「エリザベート」DVDほか・・・ »