« 『ちんぷんかん』畠中恵著 | トップページ | 「MAHOROBA」「マジシャンの憂鬱」その2 »

2007年8月 6日 (月)

「MAHOROBA」「マジシャンの憂鬱」その1

 2週間ぶりの更新です(>_<) 出張×3・検診・研修出張・通院・子どもの合宿etc.・・・と、なんだかとっても慌しくて、家のパソコンに落ち着いて向かう時間がちっともありませんでした。めずらしく電車に長時間乗って泊付きで出張したり、通院時間(待合時間)が長かったので、たくさんの本は読めたのですけどね。読書記録はまた後日おいおいアップするとして、とりあえず今日は久しぶりの休日。宝塚で心の洗濯です。

Mahoroba  今日8月5日、宝塚大劇場では月組公演「スピリチュアル・シンフォニー MAHOROBA  ミュージカル マジシャンの憂鬱」の3日目。 左の写真はプチ・ミュージアムに展示されていたこの2作品の、キャストサイン入りシナリオです。

「MAHOROBA」には「遥か彼方YAMATO」という副題が付いています。作・演出・振付は謝珠栄さん。イザナギ・イザナミの国生み神話とヤマトタケル伝説に材を取ったファンタジックなショー。私はショーやレビューはどちらかというと苦手なのですが(ダンスシーンばかりだと飽きてしまうことがあるのです^^;)、今回はず~っとストーリーが繋がっていたので楽しく観ることができました。記紀神話は学生時代結構専門的に学ばされましたし。瀬奈じゅんさんのイザナギと彩乃かなみさんのイザナミが天の浮橋で 天 沼矛(あめのぬぼこ)と勾玉を持って淡路島(淤能碁呂島(おのごろじま))を作り出すところからお話が始まります。国土の後はたくさんの神様たちを生んで、80人を超える月組の皆さんたちが名前の付いたおなじみの神様たち以外にも天女や風・木・海・川・水・火・草等々の神子や神の使いたちとして舞台いっぱいに勢ぞろい。壮観でした 。神たちが現れるたびに霧矢大夢さん演じるサルメと大空祐飛さん演じるサダルが紹介してゆきます。

国生み・神生みの後は時代が飛び、お話も飛び、いきなり瀬奈じゅんさん演じるオウス (小碓命=後のヤマトタケル)と叔母のヤマトヒメ(花瀬みずかさん)、巫女オトタチバナヒメ(彩乃かなみさん)があらわれます。

MAHOROBA(CD) MAHOROBA(CD)

販売元:宝塚歌劇グッズの専門店〜宝塚アン
楽天市場で詳細を確認する

 オウスことヤマトタケルは父・スメラミコトの命によりクマソを討ちに旅立ちます。サダルとサルメを道案内に。クマソ兄弟は遼河はるひさんと桐生園加さんが演じています。クマソの国は火の国(火山・阿蘇のイメージかな?)女装して強い酒を飲ませてクマソを討ち、捉われの女性たちを助けます。ニライカナイの姫とプログラムにはありますが・・・沖縄風の踊りになります。古事記にはそんな話はなかったとおもいます。オウスはやっとのことでヤマトに帰るものの休むまもなく東国遠征へ。オトタチバナヒメも付いて来ますが、嵐の海に人柱として身を投げます。このあとストーリーがかなり縮小・改変されて、オウスの死が描かれます。美しい白鷺になって大和に帰るオウス。オトタチバナヒメもサダルとサルメも白鷺に姿を変えて・・・・。ベテランの出雲綾さん・未沙のえるさん・萬あきらさんたちがそれぞれアマテラス・ツクヨミ・スサノオの三神を神々しく演じられていて、特に出雲さんのアリアがステキでした。しかし、周りからは「難しい!!」の声が・・・。確かにストーリーはあるものの、象徴的な描かれ方になってしまっているため、もとの物語を知らない人にはわかりにくい構成だったかもしれません。でも私にはとっても楽しくまた感動的に感じられました。音楽も洋楽オーケストラで演奏される音楽・・・中には日本・沖縄の伝統的な旋律も・・・と、三味線でかなでられる音楽とがこんなにもすばらしく融合するとは思っていなかったので、すごく収穫があった気分です。

蒼風 Music 蒼風

アーティスト:上妻宏光
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/08/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 劇中の色々なところで三味線の音色が聞こえますが、その三味線を担当しているのががこの上妻宏光さんだそうです。特に「MAHOROBA」第8場吹雪・・・ヤマトタケルが鬼たちと争うシーンでは作曲も担当されています。自ら三味線を30本以上も重ねて録音、さらにこの曲のために「ベース三味線」なるものまで作らはったとか・・・。このアルバムには「MAHOROBA」より「天翔る鳥」、さらにNHK大河ドラマ「風林火山」の紀行テーマ曲の「『風林火山』~月冴ゆ夜~」も収録されているそうです。

・・・もうかなり遅くなってしまったので「マジシャンの憂鬱」については明日にします。

MAHOROBA/マジシャンの憂鬱(DVD) MAHOROBA/マジシャンの憂鬱(DVD)

販売元:宝塚歌劇グッズの専門店〜宝塚アン
楽天市場で詳細を確認する

|

« 『ちんぷんかん』畠中恵著 | トップページ | 「MAHOROBA」「マジシャンの憂鬱」その2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「MAHOROBA」「マジシャンの憂鬱」その1:

« 『ちんぷんかん』畠中恵著 | トップページ | 「MAHOROBA」「マジシャンの憂鬱」その2 »