« 「ウィキッド」が観たいなぁ・・・・ | トップページ | 二女のインフルエンザ »

2007年3月18日 (日)

『ラブ☆コン』16、『ヤマトナデシコ七変化』

 またまた、娘に借りて読みました。

『ラブ☆コン』16 中原アヤ著 

 最終巻です(もっとも「別冊マーガレット」誌では外伝(番外編)が連載されているようですが。)受験受験で締め付けられている現実の高校ではありえないようなステキな卒業パーティーと卒業式でした。小堀君も幸せになれたし。

ラブ・コン 16―LOVELY COMPLEX (16) Book ラブ・コン 16―LOVELY COMPLEX (16)

著者:中原 アヤ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これ、アニメ化されるようですね。帯に「4月7日(土)午後5時30分~」とあったので、珍しく深夜ワクじゃないんだ~、と子どもタチが楽しみにしていたのですが、よく見たら関西ではやはり深夜の放映・・・。あかんなぁ・・・。せっかく大阪が舞台やのに、もっとみんなが観られる時間帯にせな。うちは大体他の人の失敗とかをバカにしてばっかしいるような、バラエティ番組はきらいやねん。毒にも薬にもならんようなこんなアニメのほうが子どもが見るにはなんぼかマシやわ!

 16巻の四分の一ほどは「ラブ☆コン」本編ではなく、「小池徹平ストーリー、僕らの居場所」です。映画「ラブ☆コン」で大谷君を演じたご縁でしょうかね・・・。上京からWaTとしてのデビューまでの短い期間の物語です。懐かしいなぁ、この感じ。わたしの子どもの頃も芸能人やスポーツ選手の半生を描く物語がよくマンガ雑誌に載っていました。「横山樹里物語」とか「森昌子物語」とか覚えています。横山さんや森さんの場合はどうだったか忘れましたが、昔の場合は時代的なこともあり「少女(子ども)のころ貧しくて苦労した・・・」的なお話が多かったように思います。

『ヤマトナデシコ七変化』18 はやかわともこ著

 このマンガもとっても笑えます。それにしてもみんな高1とは思えないぐらい大人っぽいなぁ・・・。スナコはどう成長して大団円を迎えるのか楽しみです。

ヤマトナデシコ七変化 18 (18) Book ヤマトナデシコ七変化 18 (18)

著者:はやかわ ともこ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

P141で乃依ちゃんが「こちとら少女マンガ歴10年」っていうセリフがあるんですが、少女マンガ歴40余年(歳の離れた兄姉がいるので、逐字読みの頃からマンガも読んでました)の私も、昔読んでた少女マンガの数々を思い出させられて楽しかったです。特に30年ぐらい前の陸奥A子さんや田渕由美子さんなどの乙女チックマンガなんか、まさにこんな(乃依ちゃんが、恭平とスナコが恋に陥るようなシチュエーションを色々考えるんです)感じでしたね。

 この本で本編の次に楽しみなのが作者の愛猫てんちゃんの写真とてんちゃん関係のコラム。ホントに猫ってかわいいもんねぇ。

|

« 「ウィキッド」が観たいなぁ・・・・ | トップページ | 二女のインフルエンザ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ラブ☆コン』16、『ヤマトナデシコ七変化』:

« 「ウィキッド」が観たいなぁ・・・・ | トップページ | 二女のインフルエンザ »