« 『子どもが出会う犯罪と暴力』 | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光』 »

2006年12月10日 (日)

『JUMP! 1』 森下薫著

『JUMP!―シッティングバレーボール物語 』(Vol.1) 森下薫著 

 障がい者スポーツ・シッティングバレーボールに取り組む女性たちの話。主人公のひなたは、ハイジャンプ(走り高跳び)の選手だったが、交通事故にあって右脚を切断。跳べなくなって鬱屈した日々を送っていたが、シッティングバレーに出会い、持ち前の明るさと積極性を取り戻す。シッティング・バレーは健常者も一緒に出来るなんて知りませんでした。ひなたのほかにも、脚の有無を問わず、シッティングバレーに出会って人生が明るい方向に修正された女の子たちが描かれていて、とってもいい作品でした。脚の切断であったり、会社内で意地悪されていたり・・・とハードな状況におかれている女性たちが、輝きを取り戻す姿に、球技に全く興味なしの私も励まされます。今後の展開も楽しみです。

JUMP!―シッティングバレーボール物語 (Vol.1) Book JUMP!―シッティングバレーボール物語 (Vol.1)

著者:森下 薫
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『子どもが出会う犯罪と暴力』 | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『JUMP! 1』 森下薫著:

« 『子どもが出会う犯罪と暴力』 | トップページ | 『チーム・バチスタの栄光』 »