« 「壁抜け男」CDと原作小説 | トップページ | 『大奥 2』『諸葛孔明時の地平線』ほか »

2006年12月 3日 (日)

「メル・ブルックス 珍説世界史PART1」

メル・ブルックス/珍説世界史PART1 DVD メル・ブルックス/珍説世界史PART1

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 午前中は、早朝から地域の行事で忙しかったので、昼寝をするか本を読むか迷った挙句、昼下がりをDVD鑑賞に。それもこ難しいものは避け、絶対笑えそうなものをと未見のDVDから。「プロデューサーズ」がとても楽しかったので、&安かったので・・という理由だけで買ったDVD「メル・ブルックス 珍説世界史PART1」
ですが、予想以上に面白かった。もう、観ている間中笑いっぱなし。ただ、中学生と一緒に観たので、キツイ下ネタは困りました。ユダヤ人ネタも多いのだけど、ユダヤ人ネタってだけのことではどう笑って良いのかわからないですね。ほかの言動も合わせてコメディとして理解しないといけないのだけど、まぁ、それでも楽しい。世界史のパロディなんだけど、人類誕生→旧石器時代→モーゼ→ローマ時代→スペインの異端審問→フランス革命まで、そしてハリウッドなTHE END。私はミュージカル仕立ての異端審問が一番面白く感じました。逆にローマ時代は長すぎてしんどい気がしました。その理由のひとつは「Caesar」。 「Caesar」シーザーと発音されると、私たちの一般的知識ではジュリアス・ガイウス・シーザーだと思うじゃないですかぁ。でも画面の皇帝はジュリアス・シーザーのイメージには程遠い。何でかなぁ?いくらパロディでも違いすぎ・・・では?なんて思って見ていたからです。最後のクレジットでCaesarは固有名詞ではなく、皇帝の意味の方だと気がつきました。「NERO」とありましたので。あぁ、それならさもあるらん。

 DVDの最後のお楽しみは実在しないPART2の予告編。サービス精神たっぷりです。

|

« 「壁抜け男」CDと原作小説 | トップページ | 『大奥 2』『諸葛孔明時の地平線』ほか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「メル・ブルックス 珍説世界史PART1」:

» メル・ブルックス/珍説世界史PART1 [1-kakaku.com]
アメリカ・コメディの達人メル・ブルックス監督が、世界の歴史をパロディ感覚たっぷりに描いていく喜劇。石器時代(いきなり『2001年宇宙の旅』がパロられる)からモーゼの十戒(本当は十五戒だった?)、ローマ時代、最後の晩餐、スペインの異端審問(水着ミュージカル仕立て!)、フランス革命がオムニバスの編年体で次々と描かれていく。しかしもっともおもしろいのは、未だ実現していない(そもそも作る気もなかった!?)パートIIの予告編で、そこではヒトラーの氷上ダンスやら、ついには未来の歴史として『宇宙のユダヤ人』... [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月) 09時25分

» メル・ブルックス/珍説世界史PART1 [1-kakaku.com]
アメリカ・コメディの達人メル・ブルックス監督が、世界の歴史をパロディ感覚たっぷりに描いていく喜劇。石器時代(いきなり『2001年宇宙の旅』がパロられる)からモーゼの十戒(本当は十五戒だった?)、ローマ時代、最後の晩餐、スペインの異端審問(水着ミュージカル仕立て!)、フランス革命がオムニバスの編年体で次々と描かれていく。しかしもっともおもしろいのは、未だ実現していない(そもそも作る気もなかった!?)パートIIの予告編で、そこではヒトラーの氷上ダンスやら、ついには未来の歴史として『宇宙のユダヤ人』... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 04時12分

« 「壁抜け男」CDと原作小説 | トップページ | 『大奥 2』『諸葛孔明時の地平線』ほか »