« 『葉桜慕情』『暴れん坊本屋さん』ほか | トップページ | 「ファントム」CD »

2006年11月 5日 (日)

「うたかたの恋」

 昨日、子ども二人を連れて梅田芸術劇場にて宝塚歌劇花組全国ツアー公演「うたかたの恋 エンター・ザ・レビュー」を観てきました。職場の先輩とそのおかあさん&ご親戚とも並んで観劇しました。 春野寿美礼さんが美しくも凛々しく、悲劇の皇太子ルドルフを演じておられ、「ファントム」に引き続き今回もすっかり魅入られてしまいました。あいにくと座席が後の方だったので春野さんの美しいお姿が、オペラグラスを通しても小さくしか観られなかったのが残念でしたが、どきどきするほど魅力的な低音の台詞と、声量たっぷりの歌声を堪能しました。劇中劇で春野さんが「ハムレット」の有名なシーンを演じられたときなどため息をつくばかりのカッコよさ。Coolでした。物語も、そしてほかの出演の皆様ももちろんいうことなしです。しかし、物語に酔いしれながらも、私が一番感動したシーンが母エリザベートのことば=母エリザベートがルドルフの私室を訪れて、マリー(桜乃彩音さん)を見つけた時、密会をとがめるのではなく、エリザベート自身が宮廷から旅へ逃げていて、母としてルドルフの理解者でいられなかったことを語り、マリーにルドルフのことをよろしく頼むシーンだったことに気づき、私はもはや“純愛”よりも“母もの”路線になって久しいことにちょっぴりさびしくなりました。 (この先文字色を変えます。未見でネタばれはダメと思われる方は読まないで。) 心中シーンの前にルドルフとマリーがかくれんぼなど無邪気な遊びを続け、次は何して遊ぼうかということになったとき、ルドルフが「怪人ごっこ」と言ってオペラ座に住むファントムがクリスティーヌをつかまえるというシーンを2人で演じようと提案して、マリーに悲鳴を上げさせるのですが・・・もちろん会場オオウケ。休憩時にはあちこちで、この夏春野さんたちが「ファントム」を演じたことを同行者に説明する声がきかれました。

うたかたの恋/エンター・ザ・レビュー(DVD)  レビューの方は色々な音楽色々なシーンが楽しめて、ダンスを習っている子どもたちは大喜び。私も楽しいには楽しいのですが、物語としての一貫性が無いステージはどちらかというと苦手。レビューのときは、特に歌がなくて、ダンスばかり続くとき、少し退屈が忍び寄ることもあります。ですから、宝塚の演目の中でも、第2幕もストーリーが続く大作の「ベルサイユのばら」や「ファントム」のようにレビューシーンが短いものの方が好きです。ごめんなさい。   今回のレビューはちょっとびっくりシーンがありました。それは(この先文字色を変えます。未見でネタばれはダメと思われる方、どんなことでも春野さんの悪口・・・は書いてないつもりだけど・・・のようなものは見たくない方は読まないで。) 春野さんが女装、じゃなくてドレス姿で歌われるのです。公演プログラムには「エトワール」としか書いてありません(第二場)。美人であることには間違いないのですが、前日にDVDで「ビクター/ビクトリア」 を観たせいか、どうも女装した男性(を装った女性、つまりあのミュージカルのビクトリア)に見えて仕方がありませんでした。ごめんなさい。でも、春野さん主演の「ビクタ/ビクトリア」を観てみたい!ジュリー・アンドリュースに十分張り合える!と心底思いました。 その女装姿(?)の春野さんが歌いながら客席に降りていき、1階席では笑いが巻き起こっていたのですが、われわれの席からは全く見えず、なにがそんなにウケているのか気になって仕方がありませんでした。

 アンコールは、大劇場の大階段ではないのですこしちいさな階段でしたので、羽飾りがいつもにまして大きく感じました。帰りに職場の先輩のお母様から「夢のような舞台を観せていただいてありがとう」と、(チケットの手配をしただけだけど)言って頂きました。こちらこそこんな後ろの席しか取れなくてすみません・・・とお返事しました。宝塚はやはり夢の舞台。うちの母も本当は連れて来たいのだけど、腰と足が悪くて辛いって言うんですよ・・・。DVDを買ってみせてあげようかな・・・。

うたかたの恋/エンター・ザ・レビュー うたかたの恋/エンター・ザ・レビュー

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

|

« 『葉桜慕情』『暴れん坊本屋さん』ほか | トップページ | 「ファントム」CD »

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

書き忘れてましたが・・・、帰り際、子どもその3に「『うたかた』ってどういう意味?」って聞かれました。観にいく前から「うたかた」ってなんだろう・・・と思ってたらしいんだけど、舞台を観たらわかるかな~と思ってたんだって・・・。子どもその2の方は、ちゃんと「方丈記」の「流れに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて」を覚えていたらしいですよ。理数系なのにえらいなぁ。 はい、いつもなら「辞書をひきなさい」と諭すところですが、そんな野暮なことを言う気分ではなかったので「『うたかた』は『泡』のこと、はかない恋って言う意味かなぁ・・・」とはなはだ詩的でない回答をしました。

投稿: えくれーる★ | 2006年11月11日 (土) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「うたかたの恋」:

« 『葉桜慕情』『暴れん坊本屋さん』ほか | トップページ | 「ファントム」CD »