« 『鬼国幻想』 | トップページ | ふたたび『レインツリーの国』(誤植発見)、ほか »

2006年11月21日 (火)

『レインツリーの国』ほか

『レインツリーの国』 有川浩著

 同じ著者の『図書館内乱』の中で物語のひとつの鍵となっていた本、「レインツリーの国」。『図書館内乱』では図書特殊部隊のヒロインの上司、小牧二等図書正が中途失調と言う障害を持つ幼馴染に薦めて問題になる本です。そのストーリーを著者自ら書き下ろし、違う出版社から発行するということで、「出版社の垣根を越えたコラボ」として大いに宣伝されました。内容は・・・『図書館内乱』を読んだ人ならある程度シチュエーションを想像できると思いますが、『図書館内乱』を読んでいない人は、真っ白な状態でこの『レインツリーの国』を読んだ方がいいかも。ブログやメールを介して恋愛が始まるというのが、いかにも現代的な(でも、ブログやメール・・・というものが後で別の意味を持って浮き上がってきます)恋愛小説です。最近流行の純愛もの(おばちゃんに人気の韓流も含めて)に、全然興味が湧かない私も、一気に読めて、ちょっとほろりとし、とってもステキな気分になれました。著者お得意のバトルシーンはありません。近未来とかでもありません。至極まっとうな恋愛小説です。コラボ作品だからといって、『図書館内乱』を読んでいないと楽しめないということは全くありません。独立した作品として、私の周りでは『図書館内乱』を読んだ人にも読んでいない人にも好評の一冊です。

 本筋には全然関係ありませんが、二人が2度目のデートで観る映画、P123で感想を話し合っている映画(「・・・総括すると『オカンはすげえ!』」って言っている映画)は、ジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」だと思うのですが、どうでしょうか?

レインツリーの国 Book レインツリーの国

著者:有川 浩
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『白いパイロット』 手塚治虫著

 長編冒険SFマンガ。アルプスが間近に見えるヨーロッパの小王国という絵柄の架空の国が舞台。秘密警察が「博士」とその妻を惨殺し、双子の赤ん坊を奴隷工場へと運ぶところから物語は始まります。途中双子の一人は女王に拾われ、秘密裡に女王の実子つまり王子として育てられます。もう一人は最下層の奴隷として、どういうわけか惨殺現場に現れて一緒に奴隷工場送りになった伴俊作ことヒゲオヤジに育てられます。ある日脱走を企てますが・・・・。

 すっごく面白い展開なのですが、最後が慌てて終わったというかんじで、なんだか物足りない、また主人公の運命も割り切れない気がしました。巻末の著者あとがきを読むと、「すこしでも人気が落ちると、ストーリイの中途だろうがなんだろうが、すぐ連載を中止させられるのです」とあり、中途半端な終わり方をせざるを得なかったたくさんの作品を悔やむようなことばが綴られています。巨匠手塚治虫にしてそんな仕打ちをうけていたとは! そういえば、手塚作品(長編)には、未完になっている作品、とってつけたような終わり方をしている作品が結構あって、ストーリーにぐいぐいひっぱられて読んでいるのに、あっけなく終わってしまって、楽しんで読み続けた割には読後不満の残る作品も多く思い当たります。雑誌の経営サイドの問題でそうなっていたのだとしたら、作者としてはさぞや悔しくストレスの多い創作活動であったことだと思いました。今となっては続編や改稿を望むべくもないのがとても残念です。

白いパイロット Book 白いパイロット

著者:手塚 治虫
販売元:秋田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『鬼国幻想』 | トップページ | ふたたび『レインツリーの国』(誤植発見)、ほか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『レインツリーの国』ほか:

» 「レインツリーの国」を読む [怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】]
本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館内乱」を読んだ読者には「ニヤリ」とさせるお話なんです...... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 23時22分

« 『鬼国幻想』 | トップページ | ふたたび『レインツリーの国』(誤植発見)、ほか »