« ふたたび『レインツリーの国』(誤植発見)、ほか | トップページ | 「プラダを着た悪魔」その2 »

2006年11月24日 (金)

「プラダを着た悪魔」 ほか

 勤労感謝の日、週の半ばに休日があるとうれしいですね。もう倒れこむように休日を迎えた私、久々に映画を観にいきました。前回の映画鑑賞(「夜のピクニック」)から2ヶ月ちかくも映画を観ていなくて、観たいのに見逃したものもたくさん。舞台をたくさん観にいった月は経済的にも、物理的(時間的)に映画を観にいけないです(T_T)。貧乏ヒマなしってことで、あ~、有閑マダムになりたいもんです。

 頑張ってキャリアアップする女性を描くストーリーが私好みだと予想して、「プラダを着た悪魔」を観にいきました。楽しい映画でした。主人公のアンディ(アン・ハサウェイ)の朝の身支度シーンから物語は始まります。アンディはファッション誌のカリスマ編集長の第2アシスタントの面接に行くのですが、アンディが目覚めてから雑誌社に着くまでのシーンに、別の女性たちの身支度・出勤シーンが数ショットずつ割り込みます。学生っぽさの抜けないアンディよりはるかにクールでキマッテいる女性たち・・・。それがファッション誌のキャリア・ウーマンたちの姿。その雑誌社の中で一人場違いな姿をしている彼女ですが・・・。(日本のリクルートルックの常識から考えても、アンディのかっこうは面接向きではないのですが、アメリカの学生や若者たちは普通どういった服装で入社するための面接に挑むのでしょうか?)

 ファッション界のリーダー、顔の表情だけでデザイナーにもダメ出しをするカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントになるのは何百万人もの女性の憧れですが、ジャーナリスト志望で、ファッション誌関係の仕事はキャリアステップのための腰掛だと思っているアンディは、物怖じせず、下調べもせず面接に臨み、ひと悶着あるものの無事に採用。それからの猛烈な仕事量たるや・・・・。

 「ダサイ」容姿・服装のまま仕事をしていたアンディが、職場の先輩のアドバイスに一念発起してファッショナブルに。(ここんとこ、アン・ハサウェイの映画デビュー作「プリティ・プリンセス」を彷彿とさせますね。あと、大物女優とのWヒロイン的な形での共演という点も)どんどん着替えて見せてくれるブランド服がなかなか眼福でした。

 ファッショナブルな服装たちは誰の服も靴も着こなし方も、どれもこれもほとんど魅力的で、すてきでしたが、アンディが着ていたカルバン・クラインのワンピース(ノースリーブ、モスグリーン)だけは私の好みにどうしても合いません。デザイン的にオフィスに合う服装とも決して思われません(朝っぱらから、胸が大きく開きすぎ。そでぐりも大きい。ジャケットを羽織って欲しい。)。うちの子どもは「かわいいやん」と言っておりましたが、いや違うよ、それは・・・。

 「悪魔」と称されるミランダの働きぶりですが、同じ(と言ってしまうとおこがましすぎますが)働く女性としては、憧れる部分、共感する部分も大いにあります。演じているメリルが本当にステキでした。デフォルメされた意地悪さも良かったし。「メリルはさすがやわ~」と言ったら、「誰それ?あのおばちゃん?」とのわが子の返事にはちょっと閉口。 

 ストーリーには、もう一ひねりほしいところ。彼との関係があやしくなったりもするけど、主人公はほとんど困らないで大団円に。ちょっと順風満帆すぎに思えます。原作はどうなんでしょうか?何にもこれといった事件は起こらないのかな? それに、(ネタバレになりますが)あのタイミングでミランダを置きざりにしてしまうのは、いかがなものでしょうか?とりあえず目前のアシスタントとしての責任は全うしてから、次の道を歩まなくては。鬼上司に仕えるほどではないかもしれないけど、新聞社勤めも9to5の楽な仕事とはいえないはず。彼氏との関係はホントに好転するのか?と余計なことも考えてしまいました。総合的評価は星4つです。

 ところで、今日(11/23、もう昨日ですね)は寝坊をして9時ごろ朝食。予約しておいたチケットは11時40分の回ですから、昼食は映画を観ながら軽くホットドッグでも・・・と思っていたら、ちゃんと外食をしたいと言う子どもたち。映画館の近くの回転寿司が11時にあくのを待って「まだおなかが減らないなぁ」と思いつつ入りました。開店直後の回転寿司って初めて行きましたが、いいもんですねぇ。ぐるぐる回りっぱなしの皿なんてまだないし、ご飯(シャリ)もほんのり暖かくて、軍艦巻きの海苔も焼き立てで香ばしくて・・・。朝食から余り時間が無かったせいで、いつもは10皿以上ペロリの大食らいさんたちも、7皿ずつしか食べなかったし。

|

« ふたたび『レインツリーの国』(誤植発見)、ほか | トップページ | 「プラダを着た悪魔」その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プラダを着た悪魔」 ほか:

« ふたたび『レインツリーの国』(誤植発見)、ほか | トップページ | 「プラダを着た悪魔」その2 »