« ミーハーな私 | トップページ | 『さざなみ軍記・ジョン万次郎漂流記』 ほか »

2006年11月26日 (日)

『一瞬の風になれ』1 ほか

 スポーツ少年の成長小説は、人気分野のひとつだと思いますが(マンガのスポコンものも、昔から)、ひと昔、ふた昔前のような「シゴキ」やムリな練習法を当然のものとして描くのではないものが、さわやかでいいですね。

『一瞬の風になれ 1 イチニツイテ』佐藤多佳子著  は、高校陸上競技部を舞台にした青春小説。球技ではなく陸部であるところが少し珍しいのですが、夫も子どもも全員が中学・高校陸上部(一番下はまだ中学生なので、高校はわかりませんが)という我が家にはうってつけの本です。といってもまだ、私と高校生の子どもの二人が、1巻目を読んだだけですが。これ、図書館で借りて読んだだけど、とても良かったし、夫や他の子どもたちにも読ませたいので3部作自分で買うか、サンタさんに頼もうかな、と思います。

一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ-- Book 一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--

著者:佐藤 多佳子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  兄はJリーグからも誘いに来る、弟の目から見てもカッコイイ超高校級サッカー選手。両親も横浜マリノスのサポーターというサッカー一家。主人公の神谷新二は、自身も子供の時から少年サッカーチームに入り練習に汗を流してきたが、長じるにつれ、兄と比べて自分にはサッカーの才能が無いことを悟り、サッカーの強豪チームを有する高校への進学をやめて、自宅近くの公立高校に行く。中2で全中100M走に出場しその才能を属目されながら、練習嫌いのため陸上を続けなかった幼馴染の連も同じ高校だ。その知れ渡った才能のため、陸上部に勧誘される連と一緒に、陸上部に入った新二。次第に走ることに夢中になっていく・・・。部活仲間、心配りのある先輩、融通無碍な顧問、いやみな他校の顧問、ライバル、敵愾心、女子部員へのときめき、親友への苛立ち・・・。青春部活小説に必要なアイテムが全て揃った本。現役高校陸上部員&陸上部OB・OGはもちろん、部活で汗を流した(文化部で比ゆ的に汗を流した人も含め)経験のある人、みんなに読んでほしい本です。続きを早く読まなくちゃ(と思うとサンタさんではダメ?)

**** ****

 先日「別冊マーガレット」を14年間読み続けたと書きましたが、「月刊 LALA」はその上をいきます。創刊号から20年間余り読み続けました。大学生になり、就職をし、結婚し、お母さんになってもやめられなかった少女漫画。数年前から買うのはやめましたが、私のマンガ読書傾向に影響された子どもたちが時々白泉社コミックを買って来るので、借りて楽しく読んでいます。昨日2冊買ってあったので、夜中に借りて読みました。

 『ZIG・ZAG 5』 なかじ有紀著

 いつも前向きで明るく夢に取り組む主人公を描き続けているなかじさん。ラブコメ路線は少女漫画の王道。安心して読めるし、読むとスカっとします。子どもにも安心して薦められるマンガですね。いつも女顔の男の子(ヒーローであれ、脇役であれ)が出てくるのも人気の秘密でしょうか。今回のフラワーデザイナーをめざす少年という設定も型に捉われてなくて良いなぁと思う。高校のフラワーアレンジの全国大会ってほんとにあるのかな?あるとしても突然申し込んで出られるものなのかしら?  

ZIG・ZAG 5 (5) Book ZIG・ZAG 5 (5)

著者:なかじ 有紀
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『ペンギン革命 4』筑波さくら著 

 少女漫画ならではの作品だなぁ・・・と思います。文章で書いても面白くないのね、こういうお話は。ギョーカイものです。とうでもない事件が起こりそうで、以下次号でした。展開を確認するため雑誌が読みたくなるじゃないですか!、今日買い物ついでに本屋にも寄ったら、こどもがちゃっかり立ち読みをしてました。

ペンギン革命 4 (4) Book ペンギン革命 4 (4)

著者:筑波 さくら
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ミーハーな私 | トップページ | 『さざなみ軍記・ジョン万次郎漂流記』 ほか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『一瞬の風になれ』1 ほか:

« ミーハーな私 | トップページ | 『さざなみ軍記・ジョン万次郎漂流記』 ほか »