« 『流転の王妃の昭和史』 | トップページ | 鹿鳴館+李香蘭 »

2006年10月 7日 (土)

『彩雲国物語』

 昨年、同年輩の友人から「ライトノベルの中でも大人の鑑賞に堪える」と紹介されたのが。その友人とは歴史コミック好き、読書好きつながりなだけに、私の好みがわかってらっしゃる。たしかにおもしろい。普通の大人が見たら顔をしかめるような文章だけどマンガ好きの私にはさほど気にならないし。自分の書いてる文章も論文や評論を意識して書くときでもなければ、完全に言文一致ですから~。

 で、新刊も読みました。男しか官吏になれない社会の中でガンバル少女、まわりはタイプの違った美青年だらけ・・・。男だったらできない発想で、次々困難を(招き、)解決する・・・。コミック化もされているそうですが、ホント、少女漫画大好きだった大人女性のココロもくすぐる設定だこと。

彩雲国物語―緑風は刃のごとく Book 彩雲国物語―緑風は刃のごとく

著者:雪乃 紗衣
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 近くのCD店の閉店セールで衝動買いした1枚。「ロボットのマーチ」が聴きたくて買った「鉄腕アトム」の主題歌集です。いろんなバージョンの「空をこえて ラララ」ではじまる主題歌が入っていて面白かったです。

鉄腕アトム MUSIC WORLD Music 鉄腕アトム MUSIC WORLD

アーティスト:TVサントラ,上高田少年合唱団
販売元:東芝EMI
発売日:2003/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『流転の王妃の昭和史』 | トップページ | 鹿鳴館+李香蘭 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『彩雲国物語』:

« 『流転の王妃の昭和史』 | トップページ | 鹿鳴館+李香蘭 »