« 本が読めない(T_T) | トップページ | クライマーズ・ハイ »

2006年10月 1日 (日)

夜のピクニック

 久しぶり(1ヶ月半ぶりぐらい)に映画を見に行きました。ホントは、「出口のない海」と2本ハシゴをしたかったんだけど(ファーストデーだしね)子どもの中間考査が近いので、我慢して1本だけ。

 「夜のピクニック」です。あんまり巷間で話題になっている風でもないし、子どももさほど乗り気でなかったのですが、原作がとても良かったから・・・と説得して行きました。(たしかにハリウッド的なスペクタクルなシーンや大掛かりなセットもなし、大人気のスターの登場もなし・・・と地味な映画ではありますね。)

 うちの子どもたちが通っていた学童保育所では、4年生の3月に数十キロ1泊2日で歩き通すと言う行事があるのですよ。今日一緒に見に行った子も、4年生の頃に大体4㎞/hペースで50キロメートル近く歩いているんですよ。もちろん夜は旅館でゆっくり眠るわけですが。それを高校の行事とはいえ一昼夜、夜も歩き続けて(仮眠2時間あり)80kmってすごい!!と、映画の冒頭から興味を持ったよう。・・・わたしも子どもの行事に付いて行って、数十キロ歩くと言うことがしんどいことを身にしみてますから(高校生の体力とは違うとはいえ)、そして高校時代の持久走大会のことも思い出しながら、生徒たちのワクワクとウンザリ、両方の気持ちがよくわかりました。

 昔我が家の近辺の高校でもやってましたよ、ナイトハイク。授業時間を確保しなければならないとどんどん行事が減らされていく過程で(安全性の議論もあったそうですが)無くされたようです。この映画がヒットして復活運動がおきたりしないかなぁ?  わが子達はもうすぐ地域クラブで30キロ余りの距離をナイトハイクをする予定。そのモチベーション作りにもなりました。

 映画は大体原作に忠実に作られていて、主人公の葛藤も、若い俳優がよく表現していて満足のいくものでした。子どももちょっぴり涙を拭いていたり。

 ところで80kmというと、4㎞/hで20時間、5km/hで13時間半ほど。バスの救援係になっても結構大変な行事です。

 原作は恩田陸著。恩田作品にはめずらしく、ホラーもファンタジーもSFもなし。 純然たる学園物です。昨年度の、第2回本屋大賞受賞作品ですから読んだ人もたいそう多かろうとは思いますが、まだの方はぜひご一読を。なんとなく雰囲気が 荻原規子著『樹上のゆりかご』に似ている気が、私はします。

 

夜のピクニック Book 夜のピクニック

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

樹上のゆりかご Book 樹上のゆりかご

著者:荻原 規子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 本が読めない(T_T) | トップページ | クライマーズ・ハイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のピクニック:

» 映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。 [映画 DVD 気ままなブログ]
日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 22時00分

» 【劇場鑑賞105】夜のピクニック the Night time Picnic [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1000人で一緒に24時間80km歩く 高校生活最後の歩行祭 『並んで一緒に歩く。 ただそれだけなのに、 どうしてこんなに特別なんだろう。』 特別なこの日なら 2人の関係を、きっと変えられる。 「たぶん私も一緒に歩いてるよ!! 去年おまじないをかけ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 20時29分

» 恩田陸を読む [恩田陸を読む]
恩田陸を読む: 恩田陸作品,小説,エッセイ等の紹介、作品ごとのレビュー、感想の投稿。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 20時47分

« 本が読めない(T_T) | トップページ | クライマーズ・ハイ »