« 『ツチヤ学部長の弁明』 『春の雪』 | トップページ | 劇団四季「ジョン万次郎の夢」 »

2006年10月31日 (火)

「TopStage」Vol.39その2

 もちろん、そのほかの記事も読みました。轟悠さん が、あまりにカッコよくてしばし誌面に釘付け 「オクラホマ」関西公演はないんでしょうか?o(≧~≦)o   アイドル芝居は、ゴメンナサイ、あんまり興味ないので飛ばして、ミヒャエル・クンツェの新作ミュージカル「マリー・アントワネット」の記事は熟読。原作の遠藤周作の著書は、もう、20年も前に読んで、すっかり忘却の彼方。「エリザベート」は死の影に、「モーツアルト」は“自分の影”(天才少年の影?英才教育の影?)に憑きまとわれていたわけですが、こんども“影”のようなものが出てくるのでしょうか?この作品、o(@^∇^@)o ワクワクと楽しみにしていたのですが、ばたばたしていて、プレリザーブを失念。一般発売の日も朝から出かけねばならず、チケット取れないかも・・・と危ぶんでいます。

|

« 『ツチヤ学部長の弁明』 『春の雪』 | トップページ | 劇団四季「ジョン万次郎の夢」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、お初にブログというものを拝見いたしました。
 轟さん大好きで、ミヒャエル・クエンツ作も大好きな私。
 マリーアントワネット。まだ観ていないのですが、モーツワ ルトは観劇しました。あのての影具合が、私の心をとらえ て、しかたがないのです・・・(笑)
 これからも、ちょくちょく拝見いたしますので、よろしくです

投稿: かめ | 2006年11月 3日 (金) 20時15分

 はじめまして、かめ様♪ わたしもブログを始めてまだ数ヶ月の初心者です。アクセスもまだまだ少ない中、コメントをつけてくださったのはかめ様が初めてです。初コメントありがとうございます。
感激です\(~o~)/ 今後ともよろしくお願いします。

投稿: えくれーる★ | 2006年11月 3日 (金) 22時40分

一番だなんて・・うれしーーー!!!
私は、エンターテイメント全般が好きなんですが、えくれーるさんは、とってもそのてに詳しそうなので、いい情報楽しい話なんでも話したいです。特に「宝塚」(轟悠)ミュウジカル演劇の話など・・もちろん、くだらない話などしたいでーすなにか、私に質問というか・・話ふっかけてみて下さい!
まってまーす。

投稿: かめ | 2006年11月 4日 (土) 20時01分

詳しいだなんて・・・ 正直、もんのすご~い庶民ですので、「観たい、観たい」と思ってもお金はないし、時間も無い、貧乏ヒマなしの典型です。 それでも、今日は春野寿美礼さんを観に梅田芸術劇場へ足を運びました。あしたあたりこの記事を書こうと思いますので読んでくださいね。

投稿: えくれーる★ | 2006年11月 4日 (土) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「TopStage」Vol.39その2:

« 『ツチヤ学部長の弁明』 『春の雪』 | トップページ | 劇団四季「ジョン万次郎の夢」 »